386

マリアンのススメ3 スキルをビルドする

by
こがねむし
こがねむし
前回の投稿はこちら

この投稿は
  1. マリアンに興味があるけどどんな性能なのかわからない
  2. 最近使い始めたけど何していいかわからない
と言う人向けの内容です。

今回は、スキルのビルドについての投稿です。
流行りのものにも触れますが、基本的にはマリアン初心者向けの内容となります。

【スキルのビルド】

結論だけ言うと初心者にお勧めできるのはこの組み合わせだけです。
マリアンは基本的に本体の性能に突出したものが無いため、ゲームの進行で必要な要素をスキルか立ち回りで補っていく必要があります。
「ゲームの進行に必要な要素」とは、「敵キャストへのけん制」「兵士処理」「巨人処理」の三つが基本ですが、これらすべてを立ち回りで補うのは初心者には不可能です。
が、優秀なスキルでそれらをすべて補うことができてしまうのがマリアンの面白さでもあります。
それぞれのスキルを簡単に説明すると、以下のようになります。

 ハンターブレス:自身と味方の射程を伸ばし、敵キャストへのけん制、または攻撃を行いやすくする。
 ダブルショット:マリアン唯一のダウン手段。デバフの防御力ダウンも強力で、巨人に当てれば処理をしやすく、敵キャストに当てることができればキルを取りやすくもなる。
 ジャッジメントレイン:森に隠れながら広範囲の兵士を処理できる。また、拠点を中心に発動することで、拠点への直接攻撃を防ぐことができる。


この三つのスキルがゲーム進行に分かりやすくかかわることがわかると思います。
マリアンの本体性能はハンターブレスを前提に作られているので、射程はブレスをかけない場合シレネッタのSSやかぐやのDSに負けます。
ブレスをかけた射程を前提にSSとDSの連射性が設定されているので、短時間で巨人や大量の兵士を処理するにはスキルに頼るしかない、というものです。
こう書くとスキルを使ってやっと他のキャストと戦えるぐらいか、と思ってしまうかもしれませんが、それは間違いで、それぞれが他のキャストを凌ぐ性能になります。

さらに勘違いしてほしくないところがあります。
それはほかのスキルも決して弱くということはない、というところです。
あくまで初心者にお勧めはできない、というだけでなのです。
というのも、上記三つのスキルはマリアンの弱いところを文句なく補うものなので、扱いに慣れていない人はこれを使うしかありません。
ほかのスキルはそれぞれ特徴が強く、以下のようなものになっています。

 ブラインドトラップ:ヒットした相手に防御ダウンとブラインドを付与。兵士には少しHPが残る程度のダメージ。トラップなので、スロウと防御ダウンが同時かつ奇襲的にかかるため、帰城しようとする相手からキルを取りやすくなる。エピーヌのスキルバフやマグスの兵士デバフが掛かっていると兵士も処理可能。
 シャープアイショット:一定範囲を常に発覚状態にする。効果時間が長く、レベル2になってすぐ使っても、試合終了の1~2分前まで作用する。ロビンやスカーレット等、森からの奇襲が頻発するキャストに対して非常に立ち回りやすくなる。


というものです。
ブラインドトラップはうまく踏ませれば見方がいなくてもキルを取れますが、そもそもトラップを置く「良い位置」が難しく、兵士処理がうまくできないとMPが足りずに発動すらできないこともあります。
シャープアイショットがもたらす優位性はゲームのシステム的にわかりやすく強力ですが、そもそも初心者のうちはそんなにミニマップを見る余裕がないという致命的な問題があります。
ですが、前述したようにこの二つのスキルもその性能を活かせるようになれば非常に強力なため、ある程度立ち回りに慣れてきたころに練習するのをお勧めします。
ブラインドトラップについてはぶっちゃけるとトシックスさんの動画を見て勉強するのが良いです。


【マスタースキルのビルド】

これも初心者にお勧めできるのはこの二つだけです。
それぞれ以下の理由になります。

 ラージェブランド:初心者のうちは難しく感じる兵士処理を手助けしてくれる。グランツやホルンは敵に近づく必要があるため、マリアンにはあまり向かない。(返り討ちにあう)
 エルガーグランツ:敵アタッカーの強襲から逃げることができる。もう少しで拠点を折れる、という時に敵に近づいてダウンを奪う手段としても使える。


どちらもそれほどプレイヤースキルがなくてもマリアンの弱点を補えるものです。
近距離キャストが敵にいなければラージェブランドを、スカーレットや闇吉備津がいればエルガーグランツを入れておくと裏目が少ないです。



対エピーヌ戦でこの二つのうちどちらかがあると非常に拠点を折りやすくなります。
やり方も「微睡みの粉を打ちそうな時に発動して兵士の前で粉を受ける」とそれほど難しくないので、どうしてもエピーヌがツライ、という方にお勧めです。


今最も流行っているエルガーホルンですが、初心者にお勧めすることはできません。
狙いとしてはDS/SS→エルガーホルンで硬直をキャンセルしつつ相手を硬直させる→その硬直にDSを当てる、というもので、うまくいけばDS2発分+エルガーホルン+α(兵士弾など)のダメージを与えることができ、サポーターとは思えない高火力を実現できます。
ですが、実現するためには以下の三つをこなす必要があります。
 1.マリアンと相手の射程を把握しつつ有利な距離を保つ立ち回り
 2.DSとエルガーホルンのヒットバックで移動する位置の把握
 3.硬直をキャンセルできるぐらい素早く狙った場所にエルガーホルンを飛ばす
どれも非常に高レベルな技術を求められます。
1ができないと敵の攻撃をいいように当てられてキルを取られ、2ができないと連続での攻撃が途切れ、3ができないとそもそも意味がないというものです。
できるようになれば非常に強力な武器になりますが、初心者のうちはこれを練習するよりも効率的な兵士処理やデスしない立ち回りを身につけましょう。
 
更新日時:2019/06/11 02:53
(作成日時:2019/06/11 02:53)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア