670

冒険譚でのテンプレビルド

by
ARUTEMISU
文筆
文筆
ARUTEMISU
どうも、ARUTEMISUです。今回も冒険譚関連の記事になります。
タイトル通り、冒険譚テンプレビルドについて書いていきたいと思います。


・冒険譚テンプレビルド

ずっと思ってたけど道具と防具のドロップ確率下げてるだろ
上記の画像だとSSを多用するスキル型キャストのビルドになります。カテゴリー別に細かく解説していきたいと思います。

【武器】
以前までは2つ積みが主流だったものの、道具枠の登場で火力が盛りやすくなったり防具枠でかなり安定して戦うことが出来るようになった為、武器を1つだけ装備しているのをよく見かけるようになりました。
SS型、DS型の場合は後述する【道具】枠のデメリットで射程が短くなるのでそれを補うためにも対応するLv1の【武器】を装備したいところです。スキル型はお好みで。
Lv3小槌を使う場合は武器2積みの方が火力は安定するかと思われます。その場合【防具】を諦める必要があります。
【防具】
シーズン3で初登場したカテゴリーです。防具アシストは3つありますが、ガウン(攻撃力が下がるやつ)は選択肢に入りません。(専用ビルドを組む必要があるため)
基本的には羽衣(スリープ耐性)で良いと思います。
HP回復効果が1秒0.1メモリと破格ですが、スリープ耐性はそこまで強くないようです。(おそらく効果時間5割減)
【装飾】
相変わらずLv3指輪が固定枠として存在しつづけています。
クロスドローを1回行うと凍結状態を無効にしてHPを1メモリ程回復します。
一応凍結ヴィランがいない場合外すことは出来ますが、これを外してまで付けたいアシストがあるかと言われると微妙なところではあります。
Lv1装飾と【防具】アシストを付けてゾンビ化するとかならアリかもしれませんが…。
何度でも言い続けますが装備しているだけだと最大HPとスピードが上がるだけで凍結状態は回復したりしません。クロスドローをしましょう。
【道具】
シーズン3で初登場したカテゴリーです。(画像だとRになってますがSR推奨です)
デメリットがある代わりにMP回復効果と攻撃力が大幅に上昇する効果(冒険譚小槌より上昇量は高い)があります。
Lv6で発動とすこし遅めですが、小槌と違い意識していなくても容易に発動できる点が魅力的です。
デメリットは、SSかDSが上がる物がそれぞれ対応したショットの射程減少(半分ほどになるとのこと)、スキルに対応した物はスキルのMP消費量増加(10%くらい上昇)です。
デメリットがキツイキャストの場合、通常アシストで火力を盛るか、あえて対応しない物が強化される道具を付けてMPを実質ノーデメリットで盛る等の選択肢があります。

・終わり

割と急いで書いたのであやふやになってたりいい加減な所があるので見逃してコメントで伝えてもらえると直すかもしれません。
作成日時:2019/07/09 02:47
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア