218

エアウォ型怪童丸 後編

by
おぱんにゃにゃ
おぱんにゃにゃ

やたらに狭い階段を、3人で登ると
余計に狭く感じる。
しばらく、皆が口を開かなかった為、
カツン、カツンと足の音だけが響いた。

院長『そうか…』

やがて、先頭を歩いていた院長が
少し掠れた声で言う。

院長『エアウォ使うと、チャージ、
途切れちゃうのか…』

オレっちは『ああ』とも『おう』とも
言わす、ただ歩を進めた。
早く、地上の空気が吸いたかった。

院長『…スマンことをした…』

謝られるのが、一番辛い。

大切な何かを失ったような気分だ。

えーと、ええと…と、後ろのナースが
言葉を探している。
よせ、何も言わんでいい。

ナース『こういう時は、ドンマイです♪』

コイツは後で殴ろうと、
オレっちは思った。


……
………

扉を開くと、ようやく明るい所に
抜けた。
院長に続くと、周りを見て
少し驚いた。

金『ここ…トイレかぁ?』

院長『この場所は秘密だからな』

パタン、と閉めたドアには
【故障中】の貼り紙。
こんな古典的でいいのか。

金『病院のスタッフ達にも秘密
なのか?』

院長『いや…2つとも違うな』

2つ…?

院長『まず、スタッフはこの
小娘しかおらん。よって、スタッフに秘密ではない』

そして、もう1つは…



……
………

金『ここ…カレー屋じゃ
ねえかっ!』


トイレから出た瞬間、スパイスの
香りが再来した。

金『病院ですらなかったのか』

少し客が増した店内では、店長が
忙しく飛び回っていた(文字通り)

店長『
いらっしゃいませ
諸君っ!
…なんだ、先ほどの客人
か。カウンター席でよければ
注文を聞こうではないか』

どうやら今、来店したものと
思われているらしい。

金『いや、そうじゃねえんだが…
ん?よくよく考えれば

アンタもグル…ッ

不意に視界が回った。

天地が逆になってから投げられたと
気づいた。

ナース『
ダメです!その言葉は
危険視されています!』

熊五郎以外に投げられたのは
初めてだった。
このナース人間か?

院長が走り寄り、屈みこむと
険しい顔で耳打ちする。
 
院長『…実はな、あの部屋は

無断で造った。当然、店長に
バレるとヤバい。俺はただの客の
1人でしかないからな。
この事は内密に頼む


金『なんで他人の店に
自分の部屋造っちゃうんだよ…!』

院長『俺は
海賊王だからな。
買うより奪う方が性に合う


院長じゃねえのかよ。

院長『お店が忙しい時を見計らって
ドリルモードッッ!で少しずつ
増築したのだ。意外とバレないで
すんだぞ』

ナース『ここの店長は民(客)をよく
見ていませんからね。だから国(店)の経営が傾くんです!』

ひでえ事を言う。

店長『諸君、注文は…』

院長『では、この
【SS爆盛りステキャンチキンカレー】を3人分貰おうか』

店長『
よかろう

そのまま絨毯で飛ぼうとするが
MPが切れたようだ。
普通に走って厨房へ行った。

店長『全く、最近なぜか

身に覚えのない光熱費が
増えている…繁盛は嬉しいが、
余1人では持ちそうにないぞ!

者共、余を救えっ!!

どうやら、カレーが届くのは
だいぶ後になりそうだ。


……
………

店の外には、友の姿があった。

桃『おお!友よ、待っていたぞ!』

金『桃の字!』

すっかり忘れていた。
先に帰っていたのか。

金『いやあ、ちょっくら大変な
目にあっちまってさ…』

桃『貴殿も、
素晴らしい力
貰ったのだな?


は?

今、何て言った?

桃『先生は俺の悩みを聞き、そして
願いを叶えてくれた!みよ!俺の
新しき力を…みなぎってきたあっ!』

桃の字の体から、異様な
オーラ
ようなものが現れる。

かつて全ての責任を背負った
その背中には、今…


太刀…槍…斧…

三種の神器を、
背負っていた。


院長『ヤツの弱点である
射程距離…』

いつの間にか、背後にいた
院長が語る。

院長『それを克服できただけ
ではなく、優秀なステップからの
ドローは予想以上のシナジーを
生み出し、怪物が生まれた…!』

桃の字…

お前、
プライドはねえのか?

武器を使い分け、戦う?

そんな器用なヤツじゃ
ねえだろお前?


金『桃の字よう…どうやら、
目覚めの張り手が一発、必要みてー
だな。…強めのやつが』

ナース『友達同士で戦うなんて…
こんなの、間違っています!』

院長『違うぞ、小娘…
友だからこそ、戦うのだ。友は、
友にしか止められぬ』

ナース『なるほど…これが、本当の
愛の形…!』


オレっちと吉備津は互いに
視線を交えると、武器を構えた。

もう、言葉はいらない。

体で語るだけだ。


金『行くぜぇえええッ!!』

桃『友よぉおおおおッ!!』



二人は一直線に、互いの何かに
目掛けて走りだした。

そこに、答えを求めるように。


                   
おわり



































 
作成日時:2021/01/28 02:01
カテゴリ
怪童丸
コメント( 9 )
9件のコメントを全て表示する
おぱんにゃにゃ
おぱんにゃにゃ
1月29日 0時21分

きくらげの旦那≫
院長が永遠の命を求める傍ら、誕生したカンジ。
自分の腕、付け替えたりするんだからロボットくらい
造れるだろ、という無茶苦茶な設定。
資金繰りの為、人形造りを副業にしてる。その仕事の
時は、ぜペットを名乗っている…
っていう夢を見ました。
あと、男ばっかりでむさ苦しかったから登場させた。
こんな状況では、愛は生まれないぜ。

きくらげ
マリモ
マリモ
1月31日 1時39分

いつの間にか新作が来ていた!
相変わらず発想とさらに配役がなかなかにマッチしていて面白い
余様のカレー屋行ってみたいですわ(*´ω`*)

おぱんにゃにゃ
おぱんにゃにゃ
おぱんにゃにゃ
1月31日 2時37分

マリモの旦那≫
後に店長はバイト募集し、コペリアがホール担当として
採用されます。(変幻の栞)
トイレ清掃も仕事のため、余計に地下室の存在は
余様の預かり知らぬ事となるが、それはまた、
別のお話(戦記)…!

マリモ
コメントするにはログインが必要です
シェア