337

ジュゼ ビルド考察

by
HRAI
HRAI



前略、ジュゼは昨年秋まで、長らくビルドが固定されていました。
それがこちら。




キングウルフ型。
回避まわり、HP、ストレート火力を揃えたビルドになります。

別パターンのビルドも、基礎構成はこれがベースになるので少し解説。

まず、こちらが各アシストの重要度になります。
(不動枠)>>>>>>>>>>(自由枠)

ジュゼで最も重要視するべきステータスは、回避です。
リッパーでステキャンしようにも、回避を伸ばさなければ敵の反撃を避けられなくなります。走って逃げる敵にも追いつかなくなります。
ですのでこの2枚が必須になりました。
  

回避を二重に伸ばすことでジュゼの機動力を強化し、ステキャンによる翻弄を可能にします。

ここで一点問題が。鬼神の指輪のマイナス効果にHP中ダウンがあります。
原則死んだら無力化してしまうジュゼにとって、HPを下げたままではいられない。よって次点にHPの補強が入ります。


HPとストレートを上げる弱いけどイカした服が選ばれました。
一応これは唯一の自由枠であり、HP、ストレートどちらか一点強化をする人もいます。そこはお好み。

ついでに不動枠の6専用。射程が結構上がります。
回避を上げられるlv6アシストが出たら座を奪われるかも。その程度の不動枠ではあります。


ここにキングウルフを載せて、HPとストレートを底上げします。
HPは半メモリちょっとアップ。
ストレートは、スマッシュヒットが出るか出ないか(lv6以降のF相手とかは出ない)あたりまで強化されます。



キングウルフの特殊効果の条件により、マスタースキルである火縄銃はファーストクールタイムが溜まったら攻めに合わせて即撃つのが基本です。


キングウルフ型ビルドの別パターンに、曹操を搭載したビルドがあります。
ステータスは全く同じですが、巨人召喚が射程を伸ばしてくれる強化双輪陣になっています。
リリィ330枚でようやくMAXになる点がネック。水着より高い。



イラコンソウルであるカットボビンも、ジュゼに合わないことはありません。


これを使う場合は、キングウルフ型からソウルだけを取り替えたビルドが使われます。
そのため、HPの最大値が減少し、(ワンパンキャラめっちゃ増えてた環境だったのもあって)やや安定性に欠けてしまうため敬遠されていました。



外せない呪いのビルドを2年弱使い続けるジュゼに転機が訪れます。
火喰いのプレシデンの登場です。


ピノッキオの登場人物らしいプレシデンは、「ジュゼにしか合わす気ねえから」とでも言わんばかりに特殊効果発動条件を絞ってきます。
この条件は、ジュゼのテンプレを変えることなく落とし込めます。


キルダメアップ射程アップは嬉しい効果。
なのですが、キングウルフと比較してちょっと惜しい点がプレシデンにもふたつありました。
HP強化がなく、安定性ではカットボビンと同等以下に……!
ストレート火力アップがついてるが、キングウルフより若干低い……!


キルダメアップの倍率は高く、かなり有用なのですが、安定性と決定打が少しだけ落ちてキングウルフよりピーキーさが増しました。
ただ自分が背負えるような盤面ならめっちゃ強いことに変わりないので、選択肢として除外されることはありません。強いビルドのひとつです。
鬼神の指輪と服に代替品が見つかるか、新たに追加されればさらに化けるかな?


プレシデンと同時期に登場したソウルが、意外にもジュゼに噛み合いました。
蒼角の守女 サナです。


一見思い切りファイター向け、そして多々良向けの性能をしたソウルですが、『武器2枚積みで回避が上がる』という、ここ一点の強化要素だけでジュゼのおすすめソウルに並びました。


回避能力は鬼神の指輪の効果より高いため、サナ+ゴーグルで従来の機動力を上回ります
武器も2枚搭載するため、選択肢によっては今までのどのビルドより火力が出ますアシスト4枚全てをストレート上昇に注げることに。
そして武器の選択肢を豊富に取れるので、自分の立ち回りに合わせてカスタマイズが効きます
HPは補強する枠がありませんが、鬼神の指輪のマイナス効果が無いので実はプレシデン、カットボビンと同値です。たぶん。

また、『道具アシストでMP補助』は現状全く必要ないので、無視して構いません。
どちらにせよ6専用で点灯しますけど。

最初に説明した通り、ジュゼで最も優先されるステータスは回避です。攻撃にも逃げにも使えます。
サナビルドでは個人で発揮できる回避能力の最大値を、他の必要なステータスを犠牲にすることなく活用できるため、好まれて使われるようになりました。

また、カードを強化しても回避能力は上がらず、ジュゼが一切必要としていない他ステータスが上昇します。
そのため、1枚作れば十分です。これも経済的かつ即時用意できることにつながるため、おすすめ要素となります。


まとめ

キングウルフ(曹操)型ビルド
長所
HPを1番高く伸ばせる

短所
ビルドに幅がなく、攻撃性が低い


プレシデン型ビルド
長所
キルダメがエグい
射程がまあまあのびる

短所
火力が1番低い
HPが低い

サナ型ビルド
長所
回避がすごい
火力が出る

短所
HPが低い
回避以外のソウルの噛み合わなさ




おまけ
筆者のリザーブはこんな感じです。


状況や気分に応じて、サナ、曹操、プレシデンを入れ替えて遊んでいます。
全国対戦ではヴァイスが絶滅危惧種なので、基本的には回避を底上げするサナを使っています。武器2枚はまだ模索中。

玄奘三蔵は紹介しませんでした。下手に使うと大火傷するので。

結局は3種類のソウルをいい感じに切り替えて使うのが一番いいかと思います。
最初はサナがおすすめです。重ねなくていいのは本当に楽。
それでは、この記事がビルドの参考になることを願っています。
更新日時:2021/02/19 14:42
(作成日時:2021/02/19 03:08)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア