653

🔰22:マリクはやめとけおじさん「マリクはやめとけ」

by
オニギシ
文筆
文筆
オニギシ

ハッピーハロウィン!ということでハロウィン絵頂きました!




● illustrated by ぐれごりおん



今回寄せてくれたイラストでは「ゼンタングル」
と呼ばれる技法を一部に取り入れてみたそうです。
(なんだそれ?教えてもらうまで自分も知りませんでした)

服装もぐれごりおん先生のアレンジが取り入れられています。
どの娘が一番好みですか?
よかったらコメント欄でお聞かせください(笑)
自分はいつも使っているローザ…と言いたいところでしたが
ここはメイディに一票です。
魔女帽子についたクモの巣レースが可愛らしいなと。

今週、何度かインしましたが開幕やゲーム終了時に
ハロウィンチャットを聞かせてくれるプレイヤーさんに
何人かお会いできて、チャットのやりとりも捗りました。







ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°







次はどのキャストをつかってみようかな?
と、考えているときはいつも楽しい時間です。

無双の活躍ぶりを目の当たりにして
その姿に惚れ込んだキャスト、
ワンダー部で解説記事を読んで気になったキャスト。

次に使ってみたいキャストを見つけたら自分はとりあえず
最初はwikiの解説を読むことが多いです。

まとまった情報量がある上、一定の確度も保証されており
始めて以来、お世話になっています。
自分に限らず初心者が何かを知りたいと思ったとき、
ほぼほぼ参考にする情報源ではないでしょうか。

ここで面白いなと思うのが、キャスト紹介に関して
せっかく頭にワンダー(夢)とついたゲームの
キャラ紹介文なのに、その文面からは
こんなに楽しいよ、面白いよ、君も是非どうかな?
という夢を感じさせる明るい雰囲気が伝わって来ない点です。

良いことも言うけど、悪いことに関しては
とにかく容赦がありません。







ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°







「次のサポーターは誰を使ってみようかな?
 シュネー使えたしアナザーのシグルはどうだろうか?」







●戦術自体はほぼほぼ性能の低いファイターであるため、
 サポーターとしての中央レーン適正は欠如している

●基本的な立ち回りは極めて単調で思考の入る余地が
 あまりにも少ないため、非常に飽きやすい







「そ、そんなこと言うなよ。レーン支えながらゲージ貯めて
 ヴィクトリーロード撃つのが仕事なのに
 それを単調の一言で片付けてしまうなんて…
 た、多々良はどうだろうか?
 タンク役好きだし楽しいんじゃないか?」







●自身と味方の理解と判断力が問われる

●端レーンのレーナーにかかる負担は格段に重くなる

●多々良の存在は相方の動きだけでなく、 
 思考及び戦略そのものに枷を与えかねない 

●使う当人が思っている以上にチームに与える影響が大きい

●多々良が相方というだけで相方の
 視野を狭くしてしまう可能性がある

●見た目とは裏腹にシビアで難しいキャスト







「ひ、ひでぇ。こんなの言われたら
 触ってみるのが怖くなるじゃないか。
 そうだ、マァトはどうかな?
 声も見た目も好みだし比較的慣れたファイターだから
 使えたら楽しいんじゃないか?」







●突進DSが単純に当てにくいことに加えてHPの低さもあって
 ワンミスが致命傷になりかねない

●CDS自体の管理に加え、曲線と突進が入れ替わる
 DSの扱い自体が難しく、かなりの熟練が必要

●チャットが全体的にわかりにくく、どれも回りくどい言い方で
 聞き慣れていないと味方に伝わりにくい

●ワンミスが貫通RTAに直結しかねないため、
 Fの中でも最上位の難度になる

●一般人ではまともに扱えない超高難度キャストであり、
 軽い気持ちで使うと担当レーンの貫通試合を量産することに
 なりかねないので、そのことはきちんと覚悟の上で使うように







「覚悟しろとか、そこまで言われてしまうのか、
 もうこんなん絶対触る自信ないわ…」







ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°-







ドキドキワクワクドリーミーランドウォーズというより、
ノンフィクションドキュメンタリー作品ですね。
ウォーアンドウォーズに改名しよう。

事前に「お前、使うからには覚悟しろよ?おん?」
と言われたキャラを使う勇気は持てず、始めた頃は

「こんなん初心者向けって書かれたキャスト以外、
使う気失せてまうやん。こんなにたくさんいるのに
結局のところ、選択肢めちゃ狭いな」

と思っていました。







ですが少し慣れた今ならこの脅しの意味もわかる気もします。
このゲームは4対4という仕様上、
ひとりひとりが自分の仕事をきっちり
行えるのかという点が非常に大事です。

この4対4というのが絶妙な数字なんですよね。
ひとりが不慣れなキャストを使うことによって
性能を引き出せていないと露骨に他3人に負担がかかります。
故に“試す”ということが全く気軽でないのです。
真面目にやっていないと感じさせる雰囲気すらあります。

これが10対10とかだったら責任のありかは
わかりにくくなるから気楽になれますし、
逆に少なく1対1で遊ぶゲームなら
困るのは自分だけですので、試そうが何しようが自由です。

4対4、しかも3レーンに区切られてしまうことによって
お荷物と英雄があまりにもはっきり識別できてしまう。

そんな状態でスカーレットやマァトのような
深い理解とプレイヤースキルが必要なキャストが
かっこいい~かわいい~たのしそ~という
お試しお遊び感覚であまりにも多くの人に使われると、
それこそワンサイド地獄絵図ウォーズになってしまうでしょう。

そういう意味では、使うからにはよく勉強しろよ、
助けてくれる味方に感謝しろよ、
とにかく努力が必要だからな、と脅しが入って
緊張しながら使うくらいがちょうどいいのかもしれません。







またこの記事を今、まさに書きながら気づいたのは
逆に本当に何も知らないはじめのはじめに、
書いてある脅し文句に怯まず、飛び込んでしまえば
良かったなと思ったことです。


もちろん負けに負け、煽られに煽られたかもしれません。
一方でそれしかやったことがないのだから他に比べようもなく、
そういうものだと消化できる体質を獲得できて
今もそのキャストを操作できていたかもしれません。

プレイ期間3ヶ月ちょっとの銅筆であったとしても、
それが難しいということを知ってしまった今、
確実に味方に迷惑をかけることを知ってしまった今、
あえて飛び込むには自分でも違和感を感じるほど
勇気が必要な状態になってしまいました。

ゲームなんだからそんなこと気にしなくてもいい、
気楽に考えて挑戦していこうや、
とおっしゃる優しい方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、自分の実感としては
「ただえさえ日々、普通に生きていくだけで
多くの人に世話になったり、時に迷惑までかけてしまうのに、
ゲームの中でまで他人に迷惑かけたくないものだ」
と、どうしても思ってしまいます。







ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°-







知らないってことは、それを知っている人より自由です。

知らないからこそできることもある。
この記事を読んでいるあなたがwlwはじめて間もないのであれば
今がチャンスかもしれません。

まあ最初だからと許してもらいやすいうちに、
小知恵をつけてしまう前に、
自分から求められる役割や決まり事の枠にはまっていく前に、

一番かっこよくて、かわいくて、
好きになれそうなキャラクターを、
とりあえず、触ってみるのがいいと思います。



オニギシでした




 
作成日時:2021/10/29 00:04
コメント( 6 )
6件のコメントを全て表示する
オニギシ
文筆
文筆
オニギシ
10月29日 12時17分

blood_VAISSMANさんコメントありがとうございます。
そうなんですよ、シグル使ってる方もプレイ中、色々考えながら使っているでしょうし何より楽しいと思ってるから使ってるわけで単調という言葉で片付けてしまうのはちょっとヒドくないかと思いました(笑)そもそも単調かどうかは個人が決めることで感想の域を出ず、客観的な性能の解説ではないよなと。自分もいつか使ってみたいなと思っています。スタンダードパック引き続けながらジャッジオブソウル待ちです。

blood_VAISSMAN
も
も
10月30日 8時43分

シースルーのパフスリーブがえっ……すけb……かわいいのでメイディにそっと一票です。

俺は上手い方の動画で見たキャストを触ってみたくなる人間なんですが、新しいキャストに触れる時はほとんどなんも調べずに一回飛び込みます。こう、何も知らない状況からわかっていくのが楽しいんですよね。不思議のダンジョンで鑑定してないアイテム拾った時みたいなテンションです。

オニギシ
オニギシ
文筆
文筆
オニギシ
10月30日 12時51分

もさんコメントありがとうございます。
肩が‥!肌が‥!フラワーズは服装が一緒、変幻の栞は他キャストのレンタル衣装なので個人オリジナルの衣装違いがより新鮮に感じられます。私服とかも想像すると楽しいですね。専用栞実装マダー?ほとんど調べずに飛び込むとはうぬは特に信心深いわね(回りくどいチャット)自分と正反対で素直に凄いなと思うのと、より正しいゲームの楽しみ方が出来ていて羨ましいです。自分で楽しみ方を見つけたもん勝ちなんで。未識別のアイテムってのはわかりやすいですね。とりあえず飲んでみるまで弟切草なのかメダパニ草なのかはわからない、飲んで使うのか投げて使うのかは次に拾ったときから、くらいフランクなほうが冒険の歩みも早くなります。識別は低い階層で済ませとくに越したことはありませんし。

も
コメントするにはログインが必要です
シェア