480

9周年と聞いてちょっと復帰してみた銅筆

by
圧力ナベ
圧力ナベ
はじめまして。まずはwlw9周年、おめでとうございます。

長い事wlwやってなかったんですが、X(Twitter)のTLに周年のプロモが流れてきて懐かしくなり、YouTubeの動画を見たら触りたくなって「暇なときに無料分遊びに行くくらいなら」程度で復帰した銅筆です。

復帰直後のカスタマイズを確認したところ「マリアンに紅孩児とDS盛り武器アシスト3枚」みたいなことになってたんであまりの期間の空きっぷりに震えましたね

ひとまずワンダー部のカードを買ったり、放り込まれた冒険譚で感覚を取り戻そうとしていたので銅筆相当に動けてる……と思いたいです。



そんな中で現使用キャストの話だったり相談だったりするのですが。

マリアンは相変わらず「なんとかなってる……と思う!」くらいで扱えてまして、ここに加えて妲己が性に合ってるのか「他のAに比べれば理解度高い気がする」くらいで使用しております。

……Fが、壊滅的状態なんですよねぇ。

まだしっかり回数を触ってる訳ではないのですが、それでもFにあるまじきと言えてしまうほどレーン戦の能力が抜け落ちてしまっているようでして。
(全国やってて自分でも「そらそうなるわな」って場外を引かれるくらいでした。その時の味方さん本当にスマンカッタ。)

周囲でwlwやってる知人もいない中一人やってたようなプレイヤーだったのでアドバイスを貰える相手もいないのです。

ですので、ワンダー部で知恵をお借りできればと思っております。
(いきなり出てきて何言ってんだコイツと思われる方もいるかもしれませんがご容赦のほどを……)

案が欲しい内容は主に以下の点になります。
・「妲己」「マリアン」が合っているようならば扱えそうなFキャスト
・復帰したのであれば確保しておきたいアシスト(雑に放り込めるものでも、このキャストを使うのであればみたいなものでも大丈夫です。)
・参考になる投稿や動画などへの案内

重ねてにはなりますが、お力添えのほどどうかよろしくお願いいたします。
作成日時:2024/03/03 19:00
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
ll6J(Lが2個です)
文筆
文筆
ll6J(Lが2個です)
3月4日 12時8分

おかえりなさいませ、紅孩児時代からの復帰とはまたすごいですね。ゲーセン業界全体が厳しいとはいえ門は開かれてます!
アシストについては上の方が詳しく書いてくれているので割愛。キャストについては…銅筆かつブランク空いているんなら環境どうこうよりは、「DSの弾が比較的おおきい(線が多少ブレても兵士に当たりやすい)」、「奥拠点がやばかったらWSで1回はリカバリ可能」ってあたりを踏まえるとシャドウ・アリスがいいではないでしょうか。
場外うんぬんは、銅筆にマッチングする帯で場外するようなアホが1000%悪いのであまり気に病まないようにしましょう。「このマッチング帯にいるプレイ回数にしてはえらい操作が手慣れてはりますなあ」というスタイルでヨシです。

有明月
圧力ナベ
パシュミナ
パシュミナ
3月4日 15時45分

妲己さんやマリアンさんを使うとの事で中距離ファイターより遠距離ファイターの方が気になるんじゃないかと思いますが、遠距離ファイターだと近距離戦を仕掛けてくる敵ファイターに対してどう捌くか、という難易度の高い要素もあるので、それよりは中距離ファイターの方が扱いやすいと思います。
サンドさん、ローザさんみたいにLv3から使いやすい回復スキルがあると多少のミスは回復スキルで無かったことにできるのが強いですし、他の中距離ファイター達もそれぞれ何かしらの強みを持ってますので、見た目でも性能でもいいので中距離ファイターの中で気になるキャストが居たら使ってみるのをオススメしたいです。

ファイターのレーン戦は、敵兵士が居なくなる前に味方兵士が居なくなったら、残った敵兵士に攻撃する隙を敵Fに狙われます。
味方兵士が全滅してなくても数が敵兵士より少なくなるだけでも、相手は兵士同士で撃ち合うのを見ていてもいいけどこちらは兵士に攻撃しないと先に兵士が居なくなるので兵士に攻撃するしかなくなります。
なので、いかに相手よりも効率よく兵士を減らすかが大事です。
また兵処理で優位を取れても、相手に自由に兵士を攻撃させていては一向に有利にならないので、敵キャストが兵士に攻撃する硬直をSSで狙いたいのかDSを当てに行きたいのか、その当たりを考えながら戦うといいと思います。
相手の逆サイドに立ってなるべく前に出て戦うと、敵キャストよりも先に兵処理DSを書いておいて敵キャストの硬直を狙いやすくなると思います。

圧力ナベ
エルク
エルク
3月4日 22時15分

Fが壊滅とのことで敢えてシグルを勧めます。
シグルは限りなくファイターに近いサポーターなのですが、ファイターと異なり、対面はサポーターになります。
ファイターとしての基本的な動きが出来ていれば、シグルでのレーン戦は比較的簡単だったりします。
対面対策もキャスト数が少ないため、覚えやすく、
雑多な対面ファイターの対策ができていないのか、ファイターとしての基本的な動きが出来ていないのかを切り分けることができます。

マスタースキルはスプライト・アートもお勧め。
兵士・巨人対策のマスタースキルであり、一部の妨害MSを要求するアシスト用としてはレーン戦で使いやすい性能になっています。

圧力ナベ
コメントするにはログインが必要です
シェア