173

サンドがドルミと寝落ちもちもちするお話

by
はいいろさん
はいいろさん
はい皆さんお久しぶりですね、はいいろです。
久しぶりのSSです(投稿自体だけど)。
まあ思いついてる話やら書く話題もなくはないけどモチベがね()
なにはともあれどうぞ。

  ─────────────────

とある日の朝。

コンコン。「...ドルミールさーん朝ですよー…って、起きている訳ないですよね...」

いつもの茨のベッドの上で手足を放り出し、涎を垂らすドルミールにため息をつくサンドリヨン。

「まったく、眠り姫だからといって限度というものがあります...もうマスター様も食事を済ませてしまいましたよ、早く起きてくださいドルミールさん。」

「んんぅ...あと5分...」

「この前もそう言って結局起きたのはお昼はないですか!試合にも寝ぐせをつけたままで...」

「勝ったからだいじょーぶ...すやすや...」

「そういう問題ではありません!んもうドルミールさんったら...」

「うーん、」シュッ ドルミールが寝返りを打ったかと思うと茨のベッドから茨をのばし、サンドリヨンを絡めとってそのままベッドに引きずり込む。

「キャッ!な、何を!?」

「んふふ。サンドさんつーかまーえた。」

「ちょっと、困りますよ!鍛錬の時間もありますし、」

「んー...今日はお休みしましょう...」

「そ、そういう訳には...」

「...んふふ。サンドさんはマスターさんのこと大好きなんですねぇ。」

「な、なんですか急に...?」

「だってぇ、朝ごはんの準備も、鍛錬だってぇ、全部マスターさんのためじゃないですかぁ...んふふ」

「うっ...た、確かに...」

「でもだいじょうぶ。そんなに頑張りづくじゃなくても、マスターさんは怒ったりしませんよぅ...だから...もう少し...むにゃむにゃ」

「そういうことでは...でもまぁ、今日くらいはいい、でしょうか...すぅ...」

  ─────────────────

サンドとドルミがパイ合わせでねてるとこみてぇよな~~~(温度差)

また気が向いたら書こうと思うので気長にお待ちくだされー
ではまた。
作成日時:2024/06/27 02:35
カテゴリ
雑談
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア