1174

ビルドの組み方の基本

by
幼王ダージリンP
幼王ダージリンP
どうも。EXの話題など既に古くなったダージリンです。
今回は全てのキャストに共通して言えるビルドの組み方についてその答えをここに記します。


使い始めの正しい組み方編

先ず、ビルドを組むに当たって初めは二つの選択肢しかありません。
一つ目はテンプレです。
テンプレはその名の通り万人が扱いやすい最もメジャーなビルドになります。このテンプレを何種類か持つキャストもいますのでその選択はお任せします。「取り敢えず」の感覚でテンプレにするだけでキャストのパワーを正確に発揮できます。
二つ目はランカービルドです。
ここでは主にテンプレの派生型のみを指します。(クソビルドは後に解説します)
理由は前述と同じです。テンプレも主にランカーが扱うビルドの平均を取った物が多くなります。

テンプレを使い続けていると「火力はこれほどいらないけどもっと早さが欲しいな」であったり「強化陣の方がいいや」などのプレイヤー個人の癖が出ます。ここでテンプレから一つ、又は二つほどビルドが変わるものです。


テンプレにする理由

「テンプレなんて他の人が作ったビルドだ!そんなの扱える保証が無いし俺は自分でビルドを組むぞ!」と言う方もいるでしょう。
冷静に考えてください。前述した通りテンプレとは「そのキャストを扱う上で特徴を引き出したビルド」になります。
典型的な自己流を組む失敗の理由として「キャストの伸ばすべき強みを活かせてない」「必要以上にDSやSSを盛る」などの本来はもっと引き出せる魅力が引き出せないビルドになってしまいます。まずは大人しく、何千回と場数を踏んだおじさんたちが作ったテンプレを大人しく使いましょう。



ビルドNG編

ビルドを組む際に最もやってはいけない組み方をする輩がいますが皆さんにはそうならないために当方、考えました。
何故頭がお花畑になったビルドを組む輩がいるのか、答えは簡単でした。

注意その1
ビルド発動レベルの平均値は最大で4以下に!
初心者が「火力が欲しい」「速さが欲しい」と浅はかに考えて上昇値が高く発動レベルの遅いアシストを組むために。発動レベルが早く、上昇値の低い物を抜くことが多々あります。
例えば発動レベルの平均が5以上であればそのキャストの力を発揮するのにLv.5まで待たなければなりません。更に言えばLv.5まではお荷物になるのです。具体的にはダウバ型ナイキなどに多くいます。
ただ一概に「ザコ」とは言えません。それはEXが存在するビルドである事も確かだからです。
ただ、皆さんにはこれだけを知って頂きたい。
後半にアシストが発動してもそれまでお荷物だった自分が味方に負わせた負担を100%覆す自信が無いなら使うな!
ゲーム時間は7分です。ラスト3分でアシストが発動して勝てるなら全員晩成型を使ってます。晩成型でCRに伸び悩んでる方は恐らく伸びない原因はビルドです。序盤から有利を作る努力をしましょう。

注意その2(中級者以上の方はこの説明を飛ばしてください)
実質固定されたロール向けのアシストを他のロールに使わない!
「実質固定されたロール向けのアシスト」って何?と思う方も多いでしょう。
例えばビクトリアスや犬飼などのソウル。
あれを稀にファイターに入れる方がいます。
これらは初心者によくある間違いですがあれは実質アタッカー向けになりますので間違っても使わないように!
理由としては自分が負けた試合100で「ソウルが鬼夜叉なら勝ってた!」なんて事ありますか?まあ1試合ぐらいはあるかもしれません。でも恐らく「ソウルがライラであれば!」なら5試合は拾えますよ。


ビルド応用編

CRも少しずつ伸びてきた頃ビルドを変えるタイミングが訪れます。
ここでは一つの考え方として具体例を上げます。
初めに僕の使うシュネのビルドは赤兎馬、庭園指輪、ツリー、ライラでした。これもMP回転率を上げ、ドローでヒット数の稼ぎやすいシュネであるが故の赤兎馬とツリー、強力なSSをサポートする指輪、そして後半は兵士確殺になる優秀なテンプレビルドです。しかし使い続けていると様々な癖が現れ、環境にも変化が訪れます。そこでまず変えたのが赤兎馬、これを使い込まれた糸切り鋏に変更。理由赤兎馬の下方により言うほど足が速くならない事が原因だったので自分の中で改善しました。ここで何よりも重要な事は自分がよりよく活躍するために味方に迷惑がかからない程度のビルド変更による修正です。足はいらないけどドロー火力が欲しい。MPの上限値は下がってもいい。次いでに足は可能であれば盛りたい。との願いが叶ったアシストになります。これは必ずしも希望通りに行くとは限らないため、キャストの特徴から妥協点を見つけましょう。分からなければ素直に上位勢の力を借りましょう。

このように自分なりのビルドを作る時は焦らず、回数を熟しながら少しずつ慎重且つ丁寧にビルドを組みましょう。
技術云々、戦略云々以前にそのキャストの性能はレベルとアシストで決まります。より貴方のプレイスタイルに合ったキャストの調整を目指しましょう。ただ闇雲に「1位の人がこのビルドだからこのビルドは間違いなく強い」などと間違いは起こさないようにしましょう。貴方のプレイングがその人と違えばそのビルドを組んでは無意味になります。(一部キャスト、ドルミール等を除きます)
これからも正しくビルドを組んで楽しく遊びましょう!







【番外】クソビルド編
クソビルドと言っては失礼もあるため、ここでは「常人が真似出来ない個人用ビルド」とします。
クソビルドとはまず他人が真似出来るビルドではありません。作り方も多くの方が勘違いしていますがクソビルドを使う方々もテンプレから始まり最終的にドローを盛りすぎた方、HPを盛りすぎた方などになります。それはプレイングが一通り完結した方が組むビルドであり決して定まった動きも出来ないレベルで組むビルドではないので気を付けましょう。と言うよりクソビルドを真似することは絶対に禁止です。運用する事は不可能です。
更新日時:2017/09/01 03:56
(作成日時:2017/09/01 03:48)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア