584

相方に求めること ピーター編

by
守谷
守谷
バレダン積め

嘘です
今回はまた要望がありました「スカーレットと組んだ時にピーターに求めること」について書かせていただきます。
あくまで僕個人の考えなので読まなくても良いです。




スキル構成
「ドリームウィンド」と「エアウォーク」は言うまでも無く、あと1枠ですが僕としては「スカイフォール」(以下スカフォ)の方が嬉しいです。
僕自身が「ウィンドゲート」(以下風門)を利用するのが下手くそということもありますが、スカーレットが中央相方と組む場合求めるのが多くはレーンに対する強さです。ピーターは他サポ陣に比べてレーンに弱いイメージがあります(実際そうなのかはよくわかりませんが)ので、少しでもレーンに強くなるためにはスカフォが良いんじゃないかなと。バレダン積めって言う過激派が居るのもそういうレーンは頼んだ!って意図があるのです。
ちなみにバレダンですが、僕は正直どうかなと思います。相手キャストに当てればCC取れるし、兵士処理も早くはなりますが硬直と巨人に対してがちょっと不安です。



立ち回り

基本的には中央に居てください

スカーレットは足回りとステルス性能、そしてレーン戦の弱さからレーンにとどまって成果を得られるキャストではありませんので、ずっと遊撃をして敵陣を荒らしまわるムーブになります。無責任な言い方になってしまいますが、中央レーンを押すのは自分だけと思って基本的には中央レーンを押すor維持することを考えてください。夢風はこちらから頂きに参ります。

エアウォークによる高い追撃性能とミリ狩りもピーターの強みではありますが、スカーレットの専用アシストやソウルから出来る限りキルはスカーレットに譲っていただけるとゲージにも余裕ができます。なのでスカーレットが取れそうなら矢印を引いてあげてみてください。ですが、無理そうならピーター自信が取ってもまったく問題はありません。キルする事自体マイナスにはなりませんので。

 
更新日時:2017/09/03 02:36
(作成日時:2017/09/03 01:25)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア