409

舞踏会のキャストピックの考え方。

by
つのみや@MAO.T
つのみや@MAO.T
はじめに
この考え方はあくまでも1例に過ぎません。違う考え方をお持ちの方も当然居ますし、これから記していく考え方が絶対とも限りません。予めご了承ください。


さて、本題に参ります。年内最後の舞踏会ということもあり、頑張っている方も多くいるかと思います。
そんな中でこの記事を書くわけですが
『今回の』というより『これからの』舞踏会の一助になれば幸いに思います。結構長くなると思います。


<準備編>
使えるキャストは基本的に多いに越したことは無いです。
が、サポーターに関してはほぼ全て使える(cr1以上)にしておく事をおすすめします。
特に特定のアタッカーと組むことで高いシナジーを生み出せるピーター、マリアン、エピーヌの3キャストは、どれでもそこそこ使えるぞってくらいの水準に上げておくといいかと思います。
他のロールについては基本的に2キャストくらい使えるという感覚であれば大丈夫かと思います。
 
 
<シナジーについて>
先も少し触れたシナジーですが、舞踏会のセオリーとして、基本的にはF2A1S1編成になる事が殆どかと思います。
あとはナイトメアキッドを主軸に据えた所謂『3Fアナピ』編成もありますが、まずは基本的な編成、特に中央担当するA1S1についてお話します。
まず、『シナジー』についてですが、ここでは『相性』と捉えて頂いても差し支えありません。本来の意味は『相乗効果』と呼ばれるものです。
先の項目におけるサポーター3キャストと相性のいいキャストを順に挙げて行きます。個人の感想を多分に含みます

ピーター:美猴・アリス・デスフック・アシェンプテル
マリアン:スカーレット・闇吉備津・アシェンプテル・深雪乃
エピーヌ:デスフック・ロビン・怪童丸・ミクサ

これらのアタッカーが『得意ロール:アタッカー』の人からピックされた場合、自分の得意キャストを押し殺してでも該当するサポーターに合わせた方が、よりアタッカーが試合を動かしやすい状況を作ることができます。
また、これらのキャストについては『サポーターの持つバフとの相性が高い』キャストになりますので、折角合わせてもスキルにバフを積んでないとなると意味を成しません。


<ピックにおけるタブー>
プレイヤーの中には『絶対にこのキャストしか使わない』
と思っている方もいらっしゃるかと思います。が、申し訳ないですが『舞踏会への参加は控えていただく』事をお勧めします。味方プレイヤーの士気に関わります。
特にアリス・ピーター・ミクサ辺りのキャストは『絶対使うマン』が多く見受けられます(個人の感想です)
先にアタッカーがピックされている、若しくはサポーター得意の方が先にピックされている状況で、シナジーガン無視ピックをすると、私なら少なくともその試合捨てます。試合始める前から負けたと思ってやります。当然そんな中で動くわけですから勝てません。

<ピックを譲る>
時には『味方の得意ロールが偏っている』ことも多分にあります。
そういった場合、私は次のような基準を設けています
・ネームド(有名なプレイヤー、又はそのキャストのキャストランキング上位のプレイヤー)かどうか
言うまでもありません。基本的に譲ります。あとはそのプレイヤーのピック見て合わせていきます。

・過去の舞踏会戦績
これも重要なポイントです。キング経験者とかなら問答無用で譲ります。が、キング経験者はだいたいネームドです。
クイーン経験回数の多い方も問答無用で譲りますが、次の項目も考慮します。ルーク?誰でもなれるよ、マジで。あてにしないほうがいい。

・自分の得意アタッカーより安定性があるかどうか
難しい項目です。個人差も多分にあるかと思います。また、前提として『自分がアタッカー得意であるか』も含みます。
その上で、安定性の高いキャストを紹介します。
・美猴
もはや言うまでもない。

・デスフック
エピーヌの恩恵を受けやすい舞踏会ならアホみたいに安定して強いです

・怪童丸
同上。ただ正直な所デスフックの方が安定性する

・ロビン
同上、ただ(ry

これらのキャストが得意キャストから選ばれていた場合、私は譲ります。何でって?私スカ使いですから。安定の対極にいるキャスト使ってますし。


<最後に>
長々となりましたが、ここまで見ていただいてありがとうございました。
舞踏会をやるにあたって、考えの一助になれば幸いに思います。


それでは。
更新日時:2017/11/07 17:49
(作成日時:2017/11/07 17:49)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア