307

上のレベルへ行くために

by
ケンケン
ケンケン
こんにちは、フック使いのケンケンです。

なぜこのタイトル?と思う人はいると思います。
最近自分はあるfpsのプロゲーマーの動画を見ています。その人のTwitterなども覗いているのですが、その方のプレー、考えていることなどを自分と比較した時に、如何に自分が勝つためにプレーしていないかが分かりました。



その人は

環境、作戦、自分には足りないところがどこか、どう直せばいいか
などをすごく考えていて、それらの基準をかなり高くしているので全くと言っていいほどミスをしませんしプレーの一つ一つが「なぜこんなことができるんだ!?」というレベルです。
​​​​​​

プロゲーマーがこれだけ考えてやっととれる勝利。自分たちは本当に考えきれているのか?まだ直せる点はたくさんあるのにも関わらず、他人のせいにしたり、勝てないと嘆くだけになってないだろうか。


最近自分はよく味方のせいにして暴言を吐き、自分のプレーを棚にあげて粗探しをしてしまう。
​​​​​​​自分と同じような人には言いたいです。
​​​​​​​そのプレーは果たして勝つためのレベルにあるのか?
問題点は味方だけなのか?
他に要因はないのか?
本当に自分はミスをしていないのか?

​​​​​​​
​​​​​​

以上です​​​​​​​かなり痛い文だと書いていて思いました。でも何かしらこれを見て考えてくれる人がいるなら幸いです


 
更新日時:2018/04/07 16:33
(作成日時:2018/04/07 16:33)
コメント( 3 )
カッタルイゼ
カッタルイゼ
4月7日 20時45分

お金貰ってゲームするプロゲーマーと、
稼いだお金で楽しみたいゲーマーと、
一緒にしたら心折れるよ。
志高い、向上心があるのは格好良いし、
自分も常時10、20と連勝重ねられるほど強くはなりたいとは考えるよ。
でもプロは報酬にお金がある。手に残るモノがあるんだ。
あなたなら賞賛される、称号が手に入る、でもこれらは手にはけして残らない。思い出、うっすらと消え行くものなんだ。
やる気の寿命が縮んでしまうよ。

だから、自分はこの文章をこう結ぼう。

政府にプロゲーマー作り任せちゃダメ、ゲーム会社何社かで月収60越えプロゲーマー150以上育成できるよう企画して。
あとWLWを世界展開視野に入れて人員費用投入するんだよ。

でなきゃ、日本のプロゲーマー市場は無い。ようつべで十分になる。で、スマホでいいやのゲームだけになりゲーセンはメダルに名前を変えるだろう。

たぶんね。

ケンケン
ケンケン
4月9日 12時30分

返信ありがとうございます
半分自分語りみたいなものなのですが、負けてガチギレして問題起こしたりする人はこう言う人を見習った方がいい!と自分で考えたものなので、やる気とかはあまり考えてませんでしたね…ご意見ありがとうございます
次にゲーマーに関してですが、プロの環境はたしかに日本は良いとは言えませんね
ほかの国の方がどちらかというといい条件なことが多いですね。日本ではどちらかというとゲーム=悪!と考えられているのかなーって思ってます。Twitterでも同じような意見ありましたが。
日本人の気質として遊びは良くないことという考えが根底にあるがためにプロゲーマーが受け入れられずいるんだと思います。これをなくすためにもゲーム会社で波を起こすのも大事だと思います。が、それ以上に認識を改めさせるためにもゲーマー側も動く必要があるかなーとは思いますね
最近、プロのウメハラさんが講演などしています。その講演を通じて世間にゲーマーは悪いことじゃなく仕事にしてお金も稼げるということを認識してもらうしかないと思いますね。

カッタルイゼ
カッタルイゼ
4月9日 22時19分

真面目にご返事ありがとうございます。

コメントするにはログインが必要です
シェア