1127

エピーヌの強みを押し付けるビルドで勝率が3%伸びた話

by
おうゆう
おうゆう
【自己紹介】
はじめまして。おうゆうと申します。

リトル・アリスのCR27が最高ランクである金筆、たぶん中級者くらいのプレイヤーです。
ver1の頃からちょこちょこ遊んでいて、動画もいくつかあげています。

【記事の要旨】
通算での勝率50%を割っていたエピーヌが、
その強みを活かすためにビルドを変更してしばらくあそんでみたら今月のところ

3215

という結果になりました。勝率5割プレイヤーが突然うまくなることもないだろうし
これはおそらくビルドが強いはず!
ということで紹介してみます。長文です。

【成績】
↓ビルド変更以前のとあるタイミング


↓ビルド変更後



差分>
32勝15敗 
26キル10デス
勝率+3.3%

【ビルド】
↓端・中央ともに基本形はこれです。










↓ロビン・ジュゼ・骨 対面のときだけほぼ即死スキルがあるのでトランクを積んでいます。
アリス戦は慣れているので上のビルドです。



のこりの文章はこのビルドに至るまでの過程です。
長いので太字だけでも読んでください。


【ビルド修正前の課題】
ビルド修正前は
首飾り 玉璽 ふんどし ソレイユ MS:ブリンク
の、HPMP盛りでデス率を下げることを意識していました。

ブリンクは相手の攻撃を避けるための守備的な使用がメインで、
エピーヌ使いの共通認識である「とにかく死なない」を忠実に守り、手前拠点に固執せず
後半のMPの回転率の良さから粉連打で中央レーンを上げる戦略です。
結果、デス率は0.5を割りキルレもそれなり、
ナイスだって悪くはない程度もらっていました。

なのになぜ勝てないのかなと自分なりに分析してみることとしました。



そうして気が付いた課題は
「手前拠点の献上率の高さ」
です。

エピーヌは百年の眠りを使いバフをまくことが前提であり、序盤のMP管理はきつめです。
粉による兵士1確のできるレベル3後半(細かい時間わかる方いませんか...?)まで、
対面サポーターより兵士処理が遅いことがほとんどで、押されがちです。

さらに眠りバフを育てるためにはデスしないよう
中央は二人とも余裕を持った帰城をする必要があります。

結果、粉が兵士1確をするまえに手前を献上しないといけない展開が多くありました。
体感で6~7割程度は献上していた気がします。



【エピーヌの強みの確認】
エピーヌの強みはこれですよね。
・(眠りバフが育った後の)Link威力
・(眠りバフが育った後の)スキル威力

 粉を使ったレーン上げ能力
 断絶を使った巨人処理

・それなりの回転率のSS
・そこそこのS
・射程は長いドロー


これらの強みを活かすためには実は
「手前拠点の維持」
が最も重要になります。

例えば巨人処理は、
「相手の盤面に巨人が出ていること」
が前提である強みです。当たり前です。

そして巨人が出るタイミングは無理やりシンプルに言うと自身が優勢なタイミングです。
優勢なチームがそのまま勝たないように逆転要素として用意されている巨人ですが、
眠りバフありだと断絶を3回とSSを少々添えれば落とせてしまうのであれば、
相手チームにとっては逆転は難しいでしょう。

手前拠点を折られてしまうと、味方側に巨人が出てくる一方
相手チームの巨人が出てくるのは遅くなります。
これではエピーヌの強みを活かせません。
エピーヌは巨人を守りながらレーンを挙げるのは不得手です



また、Link威力の向上を活かすために
「複数キャストで攻撃すること」
が前提ですよね。ほんと当たり前ですね。

そして複数キャストで攻撃するためには
・横やりに行ってもらう
・中央レーン戦、不用意に飛び出た相手キャストに攻撃を差し込む
のいずれかの場合がほとんどです。

こう考えると、相方が横やりに行きやすい場面はもちらん
手前拠点の維持が出来ている状態ですよね。
また不用意に飛び出てしまってLinkされる場合のおおくは
レーンが押されていて焦る場面ですよね。

強みの中でも特にこのLink威力の向上はすさまじいため、
エピーヌを使う方はいかにLinkを取るようにふるまうか考える必要があります。

【ビルド修正とその理由】
なのでビルドのコンセプトは下記2点となりました。
・粉が兵士1確をとる時点で手前拠点を折られない
・相手キャストに攻撃を差し込みLink攻撃を狙えること

そのためなるべくレベル3以下で兵士処理効率を上げるカードや
足を盛れるカードを探す必要があるのですが......

...


.....!!!


乙女が流した神秘の涙
序盤押されやすいエピーヌにドはまりしました。

相方か自分のどちらか一方がビルドしていれば十分ではありますが、
このカードの有無で体感できる程度にはレベル先行率があがりました。

序盤のMPの盛り方が足りないため百年の直後に断絶は打てませんが、
その分経験値回収ができているため大きな問題にはなりません。



茨の王レヴィイエ
SSの威力があがるだけで取り回しが非常に簡単になります。
兵士1確ができる程度で十分という方もいますが、
あまりにSSの威力を絞ると近寄ってきた相手キャストを追い払うことが出来なくなります。

そうすると相手に近づかれるたび距離を取る必要がでてきて、
SSは打てず遠くから粉や断絶を撃ち続けるだけになり、
結果レーンは上がらなくなります。

そこでSSを盛ると相手もうかつに近づけなくなるため、
SSを用いてレーンを上げることが容易になります。



またマスタースキルは韋駄天が最高です。
守りの戦略、単純に逃げる用途としてはミルキーウェイのほうが優れていますが、
「スピードを上げて味方とともに相手キャストを囲み、Linkによるキルを狙う」
という攻めの戦略がとれるようになるのが非常に大きいです。

下方後も十分に戦略の遂行は可能です。



ビルドの重い部分を避け、これらの軽いビルドに変更したところ、
もともとのデス率の低さも相まって勝ちにつながったんだと思います。
色々な動画を参考に自分に合ったビルドが組めたうれしさもあります。




※なおスキルは省略します 百年 断絶 粉 です

【終わりに】
最上位層からすると金筆がちょっと勝ちだしたビルドなんて興味ないかもしれませんが
これまで50%すら勝てていないプレイヤーが突然勝ちだした
となるとちょっと興味を持ってくれてもいいのかなと思います。

Link仕様変更でエピーヌも(なんならアリスもその次に使っている深雪乃も)影響を受けていますが、
きちんと使えば弱いキャストではないので
みなさんもぜひぜひエピーヌを使ってみてください!
更新日時:2018/06/30 23:25
(作成日時:2018/06/30 23:20)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア