473

新年明けたし当面の冒険譚の目標とか

by
ジゲン
ジゲン
前回の記事にコメントで色々と書いてくれた人が居たんですが、どちらにせよそのカードそのものがまだ手に入って無いんだから掘るしかないわけでしてね・・・。

まぁ昨日、つまり年を越す前に錫の竜騎銃はなんとか回収しました。とりあえずまずは一手進めた状態で年を越せたのでギリギリ及第点ってとこです。

ということでとりあえずの冒険譚での方針。

1,SRアシストの回収

Ver.4.01-A現在、冒険譚用のSRアシストは以下の通り。

○時間経過で攻撃力が上昇するタイプ
白臘切:攻撃力アップにSS性能(射程と弾速)強化が付与されているアシスト。青銅の短剣からの派生でしか作れないのがキズ。

錫の竜騎銃:攻撃力アップにDS性能(射程と描画距離)強化が付与されているアシスト。こちらは何故かティンシューター(クロスドロー回数が条件となる強化内容)からも作れる・・・もしかしたら派生先に選ばれなくなる可能性も?(考えすぎなら良いんだが・・・)

○クロスドローを一定回数行う事で強化が発生するタイプ

砲金の小槌
:「クロスドローを一定回数行うと一定時間攻撃力が上がる」のと「クロスドローを一定回数行うと一定時間クロスドローのダメージが上がる」と、クロスドローに特化したアシスト。先述したティンシューターのもう一つの派生先。
正直俺とは相性が最悪なアシストなんだよなぁ・・・

○スピード上昇値固定タイプ

金箔貼りの指輪
:冒険譚用のSR装飾アシストは全部スキル防御力が上がるので以後省略。これはその効果に加え、更に「HPアップ」「一定回数クロスドローするとHP回復+凍結を無効化」を付与する。代わりにスピード上昇値は一定。とはいえ深度120フロスティ相手には必須なので回収する必要アリ

○時間経過でスピード上昇タイプ

金羽のイヤリング
:スピードの上昇が「時間経過で追加で上昇する」というタイプになると、HP自体は上がらず、代わりに「HP回復効果上昇」となる。そしてこちらはそこに加えて「スタン耐性付与」となる。まぁスタンさせるヴィランがあまり居ないのが難点だが。(思い当たる奴はスタン付与弾を放射状にばらまいて来るから結局当たった時点でほぼ終わってる様なモンやし・・・)

金革造りのブーツ:イヤリングとの違いは「スロウ耐性付与」であり、こちらはイヤリング共々深度120のベルゼブブ戦には必須か。問題は、指輪にも派生することが出来る約束の指輪と、イヤリングにも派生することが出来る踊り子の靴のどちらからも派生出来るので、他の冒険譚用SR装飾アシストとの奪い合いになるところか。


とりあえずのところ、深度120以上のマッチング帯では冒険譚用SR装飾アシストは必須となるので、そちらも掘り進める事には変わりないが、同時にSR武器アシストも進めないと個人的には満足いかないわけで。

・・・うん、まぁ今後も出るまでは冒険譚に3チケット使うのは変わらんわけですわ、うん。

2,WRアシストの作成・強化

ここでいうWRアシストとは、Ver.4.0から追加されたロール固定の効果を持つLV6アシストのこと。要は現状冒険譚用のアシストが差し込めない部分の強化である。
これはもう簡単で、時折雫を併用しつつ素材となるアシストを回収、そして作るのに必要なページ数になるまでNアシストを溶かしつつ、作れる様になったら作る、ただそれだけ。
そしてコストが厳しくなってきたなら、ある種の禁じ手であるマテリアルによる強化を行い、+10まで持っていく。
ただこちらも3ロール分のアシスト、つまりアシストを3枚も作らなければならないので、+10まで持っていくには金も時間も必要、更には他のキャスト専用WRアシストとも競合するので・・・考えること多いなぁ・・・。

という感じで、とりあえずの目的としては、
・白臘切の回収
・金箔貼りの指輪、金革のブーツの回収
・ロール固定LV6WRアシストの作成

の3点に絞ってやっていこうと思う。

それでは本年もよろしくお願いします。絶対に冒険譚にしか行かないだろうけど
更新日時:2019/01/01 14:53
(作成日時:2019/01/01 14:53)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア