RADIO ZOCCYA
チーム
3898
RADIO ZOCCYA

RADIO ZOCCYA

募集状態
メンバー募集なし
雰囲気
エンジョイ
トータルランク(平均)
活動時間帯
ホーム店舗
RADIO ZOCCYA(レディオ・ゾッチャ)は、2017年に結成された概念。
既成概念に囚われない御伽活動を提唱し、新しい方法論でワンダー界とガイジ界を股にかける。

【公式Twitterアカウント】@RadioZoccya
【公式Youtubeチャンネル】RADIO ZOCCYA Channnel
【公式ホームページ】https://zoccya.wixsite.com/radiozoccya

メンバー      
RADIO ZOCCYAでは、メンバーのことを「レディオ」と呼び、各レディオの呼称はソロモンPによって名付けらたものである。
また、御神体・SHAMAN・SKILL-MASTERの4人は初期メンバーである事から「ORIGIN」とも呼ばれる。

御神体
RADIO RED / ゾッチャ
RADIOZOCCYAの御神体。森の中を見通す眼を持っており、彼の導きのままにレーン戦は進んでいく。
ハープも錫杖も怒髪抜きも全てはボーダレスなモダンアートであると提唱し、それを再構築し具現化することで岩猿を次のステージに連れて行くと公言している。
神筆使いの欲望と絶望を救済する「GAIJI」の実現を視野に入れ、これからの時代のシンボルとして大役を引き受ける覚悟を決めた。
しかし、RADIOZOCCYAの組織拡大も公式アカウントの設立も、御神体の預かり知らぬところで行われており、それ故にゾッチャはこの組織の"首魁"では無い。


SHAMAN
RADIO BLUE / ソロモンP

RADIOZOCCYAのSHAMAN。このチームの脳でありエンジンである彼のアイデアが、RADIOZOCCYAを突き動かし続ける。
また、彼の紡ぐリリックは精度が高く「1000Fシレネッタ」「レーンが80本あればマイオドリは最強スキル」など、数多くの名言を生み出している。
そして、彼の驚異的なビルド力は使う者すべてを恍惚の境地へといざない、至福の時間を約束してくれる。
本人曰く、ビルドは考えるものではなく御神体の存在を感じながら組ませて頂いている、とのこと。だが、彼の担う最大の役割は使うことにあらず。
そう、御神体のありがたき御言葉を民へと繋ぐ架け橋であるということ。御神体と交信を許された唯一無二の存在なのだ。

では、"SHAMAN"であるソロモンPの弱点は何なのか…? そう、それは"ヤンヤンつけボー"である。

SKILL-MASTER
RADIO YELLOW / じゃーむず 

RADIOZOCCYAのSKILL-MASTER。『ガイジが持つ可能性の幅とテンションの高さを自身が様々な仕事を楽しむ姿によって社会に表現したい』というコンセプトの下、あだぷポーズの振付演出やラーメン店での優勝行為等、活動は多岐に渡る。適所に適材を起用することを得意とし、高須からの命を受け御神体とシャーマンを集めた。
WonderlandWarsというゲームにおけるツクヨミの能力に長け、様々なビルドやレーン、空間時間を形あるものに昇華させるマニアックでパワフルなドローが持ち味。

しかし、レディオ内では年長者でありながら一番性癖が歪んでいる男であり、ストライクゾーンは「のじゃショタ」…そう、彼はもう火遠理使いなのである。

RADIO TAKASU / 高須
RADIOZOCCYAのSKILL-MASTER。各レディオの呼称に色がついている「カラーホルダー」と呼ばれる中心人物達の中でも一際個性的であり、その存在感から「高須色のレディオ」とSHAMANに言わしめたRADIOZOCCYAの裏番長的存在。そして、このページをちょくちょく更新している真犯人でもある。
愛知生まれ横浜育ち。自称低質なガイジ、レディオ会を盛り上げさせたらそこそこ。
「誰も見たこと無い」且つ「見ていて伝わる」をコンセプトに人々の心に響くエンターテイメントを模索中。

JOKER
RADIO SEVEN / Nana7 
初参加が2017年10月1日の第三回WRoW『スピカ大宮』予選であった為、SKILL-MASTERという呼称や2F1A1S編成を使用されたことがない。またその際参加が直前に決まった為、当日筐体でパフォーマンスする端深雪乃の振付をわずか7分で覚えたという。RADIOZOCCYAきっての酒豪である。

ADDBUILD-KUSOVISORS
RADIO-NO-OKUNI / おにく
じゃーむずとは小学校からの幼馴染であったが、RADIOZOCCYAに所属してから暫く経つまでそれを知らなかった。
チーム内では年長者でありオトナな視点でチームを支える重要人物だが、ヤンチャ精神を忘れないお茶目な一面を持つ優しいレディオである。


RADIO PINK / KAKE
RADIOZOCCYAの流星一点。一日に一回「流星一条(ステラ)」を行うことが日常で、毎日""強靭の五体""が砕け散っている。

ABA-ABA GANAGRAMERS
RADIO BLACK / 太一
アイスと「ホビーカフェ ガイア」を愛している。"入国"中にブドウ糖を多く含むラムネを摂取するという行為を流行らせた事から「ラムネーマン」と呼ばれている。アイスが大好き。

RADIO BROWN / ジュンテル
お手洗いの個室に入ると流し忘れがあるだろう、それはきっと彼の仕業だ。

RADIO SILVER /紅茶御前
お酒とリツイートをこよなく愛する、傾奇者の構成員。RADIO ZOCCYA髄一のキス魔で、ゾッチャからは恐れられている。
リツイートのしすぎで何度かTwitterアカウントを凍結させられており、大阪から三重に帰ってからは消息不明となっている。


RADIO GREEN / コルレア
自然と生き物を愛する九官鳥かと思われていたが、正しくはインコでした。実は割と初期メン。

TAKASU DOJO
RADIO HOPE / Rei0920
高須の一番弟子。攻撃的なプレイングをする高須とは対照的に、安定した防御的なレーニングを好む。宮城県一のアイアン・フック使い。
師匠である高須を溺愛するあまり、クール便でずんだ餅を送りつけるなど狂気的な一面を持つ。自身が妻子持ちである事から「高須が女性だったら家庭崩壊してたわ…」と言った発言も。


・RADIO Descendant / Ledge
仙台に残る"レディオ因子"最後の末裔。「Progressive_P3」名義で作曲も行っており、RADIO ZOCCYAのサウンドクリエイターとしてレディオ入りになった。
Rei0920の右腕的存在だが、度々奇行をするため頭を悩ませている。しかし、それこそが彼から感じるレディオ因子の本質なのかもしれない。


BAYON MONSTERS
RADIO OCEAN / 極太まっきー♂
超攻撃型ファイター。ハンドスキルが高く、兵処理の効率がとても良いプレイヤー。キル嗅覚が鋭く、獲物チャンスを見逃さない。
アイアン・フックキャストランキング1位・元池袋GiGO代表。凄まじい経歴を持つ。RADIO ZOCCYAを陰から見守る母親的存在。

他者に対するリスペクトを忘れず、他者から学び、その上で確かな自信を持っている。
「落ちることを恐れない者のみが頂点へ行ける」という言葉も、彼のプレイヤーとしての素質を示している。


UNNAMED / リィンフォース
アサシン系アタッカーを好んで使用するアグレッシブプレイヤー。その強気なプレイで次々と攻守の要となるチャンスを生んでいく。
極太まっきー♂とのコンビネーションも必見。基本的にゲーミングハウスで練習しておりTwitterでのツイートも少ないが、実際は穏やかでストイックなプレイヤー。


RADIO MASTER / ☆ピロシキ☆
RADIO ZOCCYAの御神体であるゾッチャの保護者的存在で、卓越した観察眼と的確な言葉でゾッチャを導いた。
かつてはスピカ大宮の住人だったが、AMフィールドバイヨンに移住した後は極太まっきー♂の下でアイアン・フックの腕を磨いている。
レディオの直接的な構成員では無いが、「名誉顧問"レディオマスター"」としての席を特別に設けさせて頂いている。


SMASH CAROL DOWN
RADIO SHRIMP / 海老名たそ♂
越谷レイクタウンからやって来た穏やかで優しいプレイヤー。農協に勤務しているが生野菜が食べられない、関東一のメロウ使い。
池袋GiGO代表として臨んだ第2回Wonderland Record of Warsでは、アイアン・フック相手に開幕30秒で撤退してしまうなど本番が苦手な側面もあるが、その実力は本物。

また、極太まっきー♂とは大学時代からの知り合いかつ、「ORIGIN」の4人ともVer.1からの繋がりがある彼は、RADIOZOCCYAの組織拡大に大きく貢献した。

RADIO DREAM / 緋村・H・涼一
越谷と同人イベントの秩序を守る、レディオ一の年長者。ピーター使いとしてその名を知る者は多いが、実は元々スカーレット使いなのである。
海老名たそ♂から直々にRADIOZOCCYAへのスカウトが来た事によりレディオ入り。最近老いを感じ始めている様子。


RAINBOW MAASAI WARRIORS
RADIO CRIMSON / 守谷
Showmore N/A Gaming所属のプロゲーマーであると同時に、協奏舞闘会ユニット「マサイ戦士レインボーマン」にてアタッカーを担当する攻撃型プレイヤー。
敵のジャングルに入るカウンタージャングル、そしてレーナーの意識外からのガンクを行うことを得意とする。正真正銘"究極のスカーレット使い"。座右の銘は「Do it yourself.」。


RADIO MAASAI / いつつぼォ
サンドリヨンを得意とし、使用率90%以上を誇るプレイヤー。協奏舞闘会ユニット「マサイ戦士レインボーマン」においてはファイターを担当している。
レーンでの安定感があり堅実なプレイが持ち味。総武線に強い憎しみを抱いており、HIKAKIN自動字幕botによって精神の安定化を図っている。
職務中にチョコレートを過剰に摂取した事から体重が増え、カカオアレルギーにもなった。「代償が重すぎる…」とは本人談。


Showmore N/A Gaming
RADIO TURTLE / ももは
2018年よりチームに加入した情熱的なプレイヤー。ゲームへのストイックさ、勝利へのハングリー精神は、今もなお衰えることは無い。
北海道、松戸での豊富な経験を活かしチームを勝利へと導く。幼い頃から亀を飼っており、火遠理という名前の1匹が自宅に居た。じゃーむずの師匠。


RADIO MEJAI / ぱるぱる
敵チャンピオンキル時に4、アシスト時に2栄光(Glory)スタックを得る(最大25スタック)。デスすると10スタック失う。
サモナーズリフトでの経験を活かし、ワンダーランドを暴れまわる。ももは選手とはCoJ時代からのチームメイトで、RMWの2人とも以前より面識がある。


NAGATAMESHI E-SPORTS CLUB
RADIO NAGATA / imagine
永田としても活動する永田部所属のシェフ。多くのキャストを得意としているユーティリティプレイヤーで、協奏舞闘会ユニット「三浦真也」でもその腕を振るっている。
また、ストリーマーとしての活動も人気で、配信サービス「ツイキャス」にて不定期に料理配信をしており、視聴者に美味しい料理と面白いトークを提供している。


RADIO MIURA / ティア
協奏舞闘会ユニット「三浦真也」では三浦を担当している。imagineとも深い親交があり、他のレディオとも交流がある。

THE AGED RADIO / しるみる
自称"ワンダー老害"。グランツファンクラブ(GFC)や永田飯フレンドマッチング(NFM)などでの功績が称えられ、レディオ入りとなった。
その豊富な経験に裏打ちされた理論とユーモアでチームを支える、まさに"THE AGED"。wlwにおけるキャストプールも広い。


・RADIO SUUMO / せーりゅ
「ノーベルごりぴん平和賞受賞」「こやせー苺人生」「ホモ」など様々な肩書きを持つ、噂のドルアシェおじさん。
北海道に行ったり、同人イベントで売り子をしたり、意外とフットワークが軽い。永田飯フレンドマッチングの参加率も高い。


346 PRODUCTION
RADIO SMILE / おっく
ニュージェネレーションのセンター。

FANTASTIC 4
FANTASTIC KEIYU / ディーゼル
福岡出張に行っていたあの男が、ソロモンPからの召集を受けこの秋…満を持して関東へと帰還する!

FANTASTIC RAJIGAKU / RJ
無類のボードゲーム好きで、wlwのボドゲを作るなどその愛は本物。ソロモンPからの召集を受け参戦し、高須とはJAEPOぶりの共演となる。

RADIO ZOCCYA YOUTH
・LEGENDS OF RADIO / すたふぃくん
すたふぃくんなどと名乗ってはいるが、実は伝説のスタフィー未プレイである。

・RADIO STAR / トシックス☆
人狼とDbDにハマっている。プライベートが忙しい為、ユースとして所属。


略歴        
2017年
・9月上旬、あだぷポーズガイジ(高須・じゃーむず)と共通の友人であるソロモンPらで結成。
・9月下旬、ソロモンPが新企画「RADIO RANGER」を開始。各レディオに"名前"を与え始める。企画自体は終了したが、その名残は今でも存在する。
・10月1日、第三回WRoW『スピカ大宮』予選で大会初登場。その際、じゃーむずが10時受付終了であるにも関わらず精力的に寝坊し、RADIO ZOCCYA初のJOKERとなるNana7が代理として参加した。
・10月8日、第3回WRoW予選『川崎モアーズ』に出場。その後も10月14日に『タイトーFステーションオリナス錦糸町店』と2週間連続で出場。Φチームおめでとう。
・10月15日、「スーパービバホーム新習志野店に行ってきました。」とツイート、同じく10月15日開催のSEGA系『第3回WRoW予選 スーパービバホーム新習志野店』で関東Bエリア出場を決めた。
・11月5日、"本格派"の支配する『ゲームプラザセントラル 浦安店』代表の面々と激しく戦った。

2018年
・2018年前半、新たなる活動の為に組織を拡大し、メンバーも多数加入。
・4月1日、音楽性の違いにより解散。同日再結成。
・4月24日、RADIO ZOCCYA公式アカウントを設立。
・6月17日、第一次「大規模レディオ会」を開催。13人のレディオが集結し、同日深夜に「Wonderland Wars RADIO Rivals」が開催された。
・7月12日、組織の拡大により従来の「御神体」「SHAMAN」「SKILL-MASTER」だけで無く、"新役職"を設立し、新たなるエンターテイメントの形を探す。
・8月25日、Youtubeにて「RADIO ZOCCYA Channel」をスタート。チームとしてwlw動画の投稿を開始。
・9月4日、Wix.comにて「RADIO ZOCCYA 公式サイト」を設立。コンテンツは徐々に追加予定とのこと。


活動        
・当チームは主に「WonderlandWars」を楽しむ為に活動しています。レディオには専門の"アドビルドクソバイザー"が所属しております。
・不定期に「アナログゲーム会」を開催しています。DOMINA社のゲームや「ギリギリカレー」を始めとした、様々なゲームを楽しみます。
・RADIOZOCCYAに憧れを抱かないで下さい。レディオは"成る"ものでは無く、レディオによって"堕とされる"ものです。加入条件はそういう事です。
・当チームは「RADIOFISH」様とは一切関係は御座いません。


協賛        
永田部
「家、仕事、ワンダー、永田」をモットーにした、シェフ永田さんのファンクラブです。
グランツファンクラブ
ワンダーランドウォーズ界に突如舞い降りた神童、グランツ様を崇拝する信者達の集いです。

 
いいね!してくれた人( 35 )
じゃーむず
ソロモンP
高須
太ー
ハム太郎
らごて
なんご
せきじゅ
ジュンテル
こうちゃ
七夜
龍王ドロモカ
tokutoku
ゾッチャ
いいね!してくれた人を全員見る
コメント( 1 )
じゃーむず
じゃーむず
3月13日 5時57分

ゾディオレッチャ

コメントするにはログインが必要です
管理者と話す
参加申請