RADIO ZOCCYA
チーム
メンバー募集中
1814
RADIO ZOCCYA

RADIO ZOCCYA

募集状態
メンバー募集中
雰囲気
エンジョイ
トータルランク(平均)
活動時間帯
ホーム店舗
RADIO ZOCCYA(レディオ・ゾッチャ)は、日本の神筆使いコンビ、あだぷポーズガイジを中心に結成されたガイジ&フリー素材ユニットである。


メンバー               
RADIO ZOCCYAではそれぞれの役割を「アタッカー」「ファイター」といった呼称は使用せず、御神体、SHAMAN、SKILL-MASTERと呼ぶ。既成概念に囚われない御伽活動を提唱し、新しい方法論でワンダー界とガイジ界を股にかける。

御神体
ZOCCYA/ゾッチャ (岩猿EX)
RADIOZOCCYAの御神体。森の中を見通す眼を持っており、彼の導きのままにレーン戦は進んでいく。
ハープも錫杖も怒髪抜きも全てはボーダレスなモダンアートであると提唱し、それを再構築し具現化することで岩猿を次のステージに連れて行くと公言している。
神筆使いの欲望と絶望を救済する「GAIJI」の実現を視野に入れ、これからの時代のシンボルとして大役を引き受ける覚悟を決めた。


SHAMAN
SolomonP/ゾロモンP 
(御札ガイジ)
RADIOZOCCYAのSHAMAN。彼の驚異的なビルド力は使う者すべてを恍惚の境地へといざない、至福の時間を約束してくれる。
本人曰く、ビルドは考えるものではなく、御神体の存在を感じながら組ませていただいている、とのこと。だが、彼の担う最大の役割は使うことにあらず。そう、御神体のありがたき御言葉を民へと繋ぐ架け橋であるということ。御神体と交信を許された唯一無二の存在なのだ。


SKILL-MASTER
JaMeS/じゃーむず 
(ラーメン優勝デブ、あだぷポーズガイジ)
RADIOZOCCYAのSKILL-MASTER。『ガイジが持つ可能性の幅とテンションの高さを自身が様々な仕事を楽しむ姿によって社会に表現したい』というコンセプトの下、あだぷポーズの振付演出やTwitterへの露出等、活動は多岐に渡る。適所に適材を起用することを得意とし、高須からの命を受け御神体とシャーマンを集めた。WonderlandWarsというのゲームによるファイターの能力に長け、様々なビルドやレーン、空間時間を形あるものに昇華させるマニアックでパワフルなドローが持ち味。

TAKASU/高須(1997年1月22日生、あだぷポーズガイジ)
RADIOZOCCYAのSKILL-MASTER。自称低質なパリピ、オフ会を盛り上げさせたらピカイチで最近はもっぱらゲームセンターに出入りしているとの噂。誰も見た事ないけどTwitterを見ていて顔を覚えて貰えるがモットー。そして、彼がフリー素材なのは周知の事実で喋らなければただのメガネオタクと周りの人間は口々にそう語る。

JOKER
SKILL-MASTERメンバーが他にもレーンを持っている為、スケジュールの都合で来られない際に代わりに入る臨時メンバーのことをJOKERと呼び、現在までに1名が参加している。
以前はスーパーサブ00Xという呼称を使用していたが、2016年7月16日以降はJOKERという呼称が使われ、00Xという番号も使われなくなっている。

Nana7 (スーパーサブ001、仕事早上がり余暇マン)


エピソード              
以前より高須はじゃーむずにSkypeで「ガイジと呑みでギャーギャーいうようなことをやりたい」と言っており、高須から出されたフリー素材という最低条件の下、じゃーむずが中央レーンを集めた。

最初に元々仲が良く、第二回全国大会の関東Bエリアで海老名たそ♂・極太まっきー♂らと共に戦い、あだぷポーズガイジの2人とも面識があった『池袋GiGO代表』のメンバー、ソロモンPに声をかけた。

もう1人はどうしても自分よりランク上で経験豊富でなおかつイケメンが欲しいと思ったじゃーむずは、以前高須とJAEPOでも共演したことがあり同じ大宮交流会で自分の前にワンダーをしていたゾッチャに、飲み会の際酔いが回ってきたところに声をかけたところ二つ返事で快諾。こうしてRADIO ZOCCYAが誕生した。

その際、じゃーむずとソロモンPの肩を掴み「進展があったらお願いします(ねっとり)」と言ったところから、ゾッチャにはホモ疑惑がかけられている。

ちなみに、あだぷポーズガイジの二人がダンス&ボーカルユニットであるRADIO FISHを好んでいた事が、このチーム名の由来である。


略歴                  
2017年
あだぷポーズガイジ(高須・じゃーむず)と高須の友人であるソロモンPらで結成。10月1日、第三回WRoW『スピカ大宮』予選で大会初登場。その際、じゃーむずが10時受付終了であるにも関わらず精力的に寝坊し、RADIO ZOCCYA初のJOKERとなるNana7が代理として参加した。

10月8日、第3回WRoW予選『川崎モアーズ』に出場。その後も10月14日に『タイトーFステーションオリナス錦糸町店』と2週間連続で出場。Φチームおめでとう。

10月15日、「スーパービバホーム新習志野店に行ってきました。」とツイート、同じく10月15日開催のSEGA系『第3回WRoW予選 スーパービバホーム新習志野店』で関東Bエリア出場を決め、""本格派""の支配する『ゲームプラザセントラル 浦安店』代表の面々と激しく戦った。


ディスコグラフィー           
・RADIO-RANGER
仙岩戦隊レディオレンジャー(せんがんせんたいレディオレンジャー)は、日本の特撮ガイジドラマ。人気番組である背水戦士オフダーマンとともに、およそ1000年にわたって放映されている長寿シリーズである。数名のチームが色分けされたマスクとスーツで武装したガイジに変身し、主に赤色のヒーローを中心として怪人と戦うストーリーがドラマの基本コンセプトとなっている。毎週水曜日御前3時から世界5000兆か国で放映中。
と言う設定。
あらすじ                    
御伽征服を企み、国際的に暗躍する「""本格派""」。彼らの侵攻を食い止めるべく、国連は「傾奇者」という国際的平害児組織の秘密ビルド機構を設立、日本・スピカ大宮南銀店に本部を置き、御伽を各9ブロックに分けて""本格派""に対抗していた。しかしある日、""本格派""は日本ブロックに焦点を絞って総攻撃を仕掛け、全国の各支部(上尾・富士見市・横浜・松戸)は壊滅してしまう。
しかし、各支部に1人ずつ奇跡的に生き残った者がいた。上尾支部の芸専分隊長の弟で、仙岩変化のスペシャリスト・ゾッチャ、横浜支部の精密曲線班員・高須、富士見市支部のビルド分析班員・ソロモンP、そして松戸支部の新麺隊員・じゃーむずである。傾奇者日本ブロックの最高指揮官であるにしじまんは、彼ら4人を新習志野の秘密基地に呼び寄せた。かたじけなし!
ここに、傾奇者が""本格派""に逆襲するために創設した特別部隊「レディオレンジャー」の戦いが始まった。
Skypeグループで度々取り上げられる話題。ソロモンPと高須が大体悪い。
登場人物                    
レディオレンジャーのメンバーは2代目レディオを含め以下の14人。当初のメンバー4人の集合時の名乗りは、「あだぷポーズ」であり、これはクライマックスへ向けての重大な伏線となっている。 ―――まだ見ぬレディオ、キミを待っている。

ゾッチャ(ぞっちゃ) / レディオレッド
レディオレンジャーのリーダーで、傾奇者上尾支部の唯一の生き残り。表向きはRADIOZOCCYAの御神体として活動している。仙岩変化のスペシャリストで、義理人情に厚い熱血猿。キス魔である紅茶御前には頭が上がらず、太一に対して「長い事一緒に居るんでしょ助けてくださいィ~!」と悲鳴を上げた。

じゃーむず (じゃーむず)/ レディオイエロー
レディオレンジャーのサブリーダーで、傾奇者松戸支部唯一の生き残り。元旦生まれで、メンバー最年長の26歳。性格はガイジな二枚目で愛煙家であり、物語序盤では喫煙シーンも見受けられた。紅茶御前に次ぐキス魔でもある。

ソロモンP (そろもんぴー)/ レディオブルー
レディオレンジャーの頭脳にしてビルド工作のスペシャリスト。傾奇者富士見市支部の唯一の生き残りで、RADIOZOCCYAのSHAMANとしての"表の顔"だけでなく、背水戦士オフダーマンとしての"裏の顔"も持ち合わせている。また、クソビルドや御札帽子のスペシャリストという面もあり、対面を撹乱する作戦ではその実力を発揮する。

高須 (たかす)/ レディオタカス
レディオレンジャーのムードメーカーで、傾奇者横浜支部の唯一の生き残り。ガイジ自慢でラーメン好きの川崎ガイジ。お酒と油物に弱く、割とすぐに胸焼けを起こしてぐったりする。

太一 / レディオブラック
ガチリン連絡員の中では最も長期にわたって活躍した。普段は「ホビーカフェ ガイア[1]」の常連。主にレディオレンジャーのサポート活動が中心で、第114話、第514話ではラムネーマン[2]に扮することもあった。

KAKE / レディオピンク
レディオレンジャーの流星一点。一日に一回「流星一条(ステラ)」を行うことが日常で、毎日""強靭の五体""が砕け散っている。

コルレア / レディオグリーン
自然と生き物を愛する、レディオラボ[3]で飼われている九官鳥。三河弁を話し、人間と会話ができる。ソッチャをからかっては面白がっている。

紅茶御前 / レディオシルバー
お酒とリツイートをこよなく愛する、傾奇者の構成員。レディオレンジャー髄一のキス魔で、ゾッチャからは恐れられている。劇場版では身体が凍結してしまったが、不屈の精神により復活を遂げ「レディオホワイトシルバー」として覚醒した。

守谷 / レディオクリムゾン
レディオレンジャーの正式なメンバーではないが、暗殺術と銃の腕前から、傾奇者の中では伝説的な存在となっている。

ジュンテル / レディオブラウン
レディオラボのお手洗いの個室にたまに残っている誰かが残した伝説の遺産。

Nana7 / レディオセブン(劇場版のみ登場)
じゃーむずが寝坊してレディオレンジャーがピンチになった際に戦場を通りすがり、「凍結のレディオパワー」を覚醒させて傾奇者の危機を救った。普段は社畜。

☆ピロシキ☆ / レディオマスター
傾奇者の構成員では無いが、若き日のゾッチャを卓越した観察眼と的確な言葉で導いた、ゾッチャの師匠的な存在でレディオキャッスルの[4]支配人。

Rei0920 / レディオホープ
レディオタカスの弟子にしてレディオレンジャーの期待の星。

おにく / レディオノオクニ
じゃーむずとは小学校からの幼馴染で、地味にレディオレンジャーの中では同じく最年長。一時期過去の記憶を失っていたが、今ではガチリン連絡員のメンバーとして活動している。

注釈
1. 2016年7月20日に三重県伊勢市に出現したカレー・コーヒー・プラモデル工房。 じっくり煮込んで旨味を引き出したチキンカレーが名物。
2. ラムネに多く含まれるブドウ糖は脳を働かせる効果を持っているので、太一は入国する時にいつもラムネを常備している。
3. レディオレンジャーの前線基地であるスーパービバホーム新習志野店のこと。
4. レディオレンジャーの実質的なホームであるスピカ大宮南銀店のこと。




メンバー募集              
一、ガイジであること
二、高須はボドゲがしたい
三、じゃーむずはラーメンで優勝したい
四、ソロモンPでWikipedia作れそう
五、ゾッチャの家庭はきびしい
六、太一かぐやEXおめでとう
七、以上の五つを満たした者がRADIO ZOCCYAのJOKERとなれる。
いいね!してくれた人( 20 )
じゃーむず
ソロモンP
高須
太ー
ハム太郎
らごて
てぃ〜の
なんご
せきじゅ
ジュンテル
こうちゃ
七夜
龍王ドロモカ
tokutoku
いいね!してくれた人を全員見る
コメント( 1 )
じゃーむず
じゃーむず
3月13日 5時57分

ゾディオレッチャ

コメントするにはログインが必要です
管理者と話す
参加申請