426

シュネ(小倉唯)のビルド考察と立ち回りについて(Ver5.12B)

by
ぷ~
ぷ~
皆様お疲れ様です、楽しいワンダーランド生活は送れてますでしょうか?

区切り毎に書かせて頂いてるシュネ記事も3本目です!
ルビーEx0昇格時(2018/11/2)
ダイヤEx5昇格時(2019/7/19)
そして先日(2020/10/11)に無事ラピスEx10に昇格しました。

Ver5.12Bで若干弱体化されましたが、現在の環境的にはかなりトップ勝率を出せると思われる
シュネーヴィッツェン(cv:小倉唯)のビルド考察、及び立ち回りについての解説を再度お送りします!
初心者向き記事となりますのでこれから使ってみようという方は見て頂けると幸いです。

■シュネーヴィッツェンというキャストについて
毎年書いてますが、まず判り易い長所と短所について
長所
・優秀なストレートショット持ち
 射程そこそこ、発生早い、出始めに薙ぎ払い有、ダウン判定の優秀なストレートショット(以下SS)を持っています。
 シュネの序盤の勝ちパターンはだいたいSSでダウン取って、その間に兵士処理するパターンが多いです。
・巨人処理が早い
 現在でも巨人処理はかなり早い方です。
 現在はドロー値をかなりアシストで補える関係で去年よりも巨人処理は早い傾向にあります。
 また他のファイターが苦手な傾向にある兵士と巨人が一緒に溜まってるケースでも
 Lv3スキル「ピュアホワイトスピア」で一掃できる為、ファイターでも上位の巨人処理性能と言えるでしょう。
・盤面全体に掛かる兵士バフ持ち(最重要)
 Lv4スキル「スピリッツテリトリー」 は精霊ゲージMAXで盤面全体の味方兵士の攻撃/防御を短時間UPスキルです。
 強化兵士を簡単に処理できるキャストは限られている為、短時間とは言え非常に強力です。
 現在もシュネの価値はここが最大であると言っても過言ではないです。

短所
・ファイター同士のレーン戦が強い訳ではない
 年々ファイター同士のレーン戦相性は悪くなっております。
 昨今のワンダーランドウォーズは兵士を2確(Lv2で兵士列をドローショットなりスキル1発で処理できる事)できる
キャストが増えている為、素のドロー値が低いシュネに取ってどうしてもこの部分は短所になります。
 ドローショットの射程も長くない為、長距離射程を持つファイターには特に不利になります。

シュネはレーン戦自体はイマイチだけど、うまくごまかしてLv4以降のテリトリーで盤面全体で有利を取り勝つ。そんなキャストです。
でも見た目可愛い、声(小倉唯)が可愛いが最大のアドってそれ一番言われてるから!

■ビルド考察(Ver5.12B)
本題です。
現在のファイターの環境を簡単に纏めると、
・ドローショットの火力が非常に高い
・MP補助アシスト・ソウルのおかげでMPが尽き辛い
・マスタースキル(特に和魂)のおかげで生存力も非常に高い
レーン戦にて対面キャストのHPを頑張って減らさないと中央のアタッカーも横槍し辛い環境と言えます。

Ver5.12B現在の基本的なビルドはこちらです。


ソウル枠
 四方の巫女 黄龍 が大安定になります。
シュネーヴィッツェンの仕様上、後半はセブンスピリッツを切らさない様に定期的に使わないといけない為
黄龍の「敵兵士を一定数撃破するとMP回復速度が上がる」効果が非常に大きい為です。
特に拘りが無ければ黄龍を積みましょう。

また一部キャスト(ツクヨミ)相手に南の紅魔女 グリンダが良いという話も良く聞きます。
ブースターを踏むと一定時間(MAXで1分)兵士防御力と回避距離が上がるという特殊能力を持っています。
その為、ゲームスタート時に敵の兵士を無視して突っ込んで相手のダウンを取るという戦法が使えます。

個人的な意見としては失敗すると地獄なので、それでも黄龍の方が良いと思っています。
対面ツクヨミの序盤レーン戦に絶対勝たないといけないという時は試してみるのも良いでしょう。

Lv6以上アシスト枠
真白き命収められし箱 が安定になります。
Ver5.12Bのアップデートで精霊ゲージの上昇量ダウンしました。
・(Ver5.12A以前)Lv6以降、セブンスピリッツ→ドローショット4回で精霊ゲージMAX
・(Ver5.12B以降)Lv6以降、セブンスピリッツ→ドローショット5回で精霊ゲージMAX
通常試合だとだいたい精霊ゲージMAXのスピリッツテリトリーが7回前後打てていたのが、6回前後になる形です。
そもそもゲージMAXじゃないと楽しい行動が何もできないのでどちらにしても積まざるを得ません。

通常アシスト枠
現在の環境だと餅食らいの袈裟衣+ (通称:餅)は基本入れたいです。
Lv3アシストで最大HP中上昇、MP一定以下(6割)でHP継続回復(6/1min)+MP一定以下(3割)でMP回復速度UP(18/1min)。
セブンスピリッツを使い続ける関係で常にMPが少ないシュネはほぼ常時発動しているので非常に使い易いアシストです。
こちらは個人の好みはありますが水精の加護受けし鎧(通称:水鎧)もかなり安定して入ります。
Lv5アシストで最大HP中上昇、MP30消費すると2分間ドロー値が10目盛り程度上がる物です。
ドロー値が低いシュネには非常に重要なアシストとなっております。
ただしLv5発動なのでLv4セブンスピリッツと同時にドロー値を上げたい人は幻炎に映る聖樹(通称:樹)の採用も有です。

自由アシスト枠
対面キャストによって変更したり、自身が使い易いと思うアシストを入れる箇所となっています。
残りの1枚について考察含めて解説していきたいと思います。

候補1.蛇姫の焼いた梵鐘(通称:鐘)
現在一番積まれていると思われる鐘です。
これもLv3で最大HPが中上昇する事も相まって、餅、水鎧、鐘の最大HP上昇を3つ積んだ状態をデブシュネという
呼び名で一時期SNS界隈で話題になりました。別にシュネを貶したモノではなく単純に鎧系3種で着膨れしてる状態を指しています。
そもそも着膨れしてるシュネ…可愛くない?
DS値もLv3から上がる為、耐久力と相まって非常に強いのですが個人的には最大MP中減少が使いづらい為、採用しておりません。



候補2.聖女が落とした黄金靴(通称:金靴)
聖女がこんな派手な物普通落とすか?と思わなくもないですがこれも現在かなり積まれているとアシストです。
最大MPが中現象するのは痛いですが敵兵士35体撃破時に永続でSS/DS射程UPとスピード上昇と強力です。
速度と射程が増える=相手キャストに攻撃を当てやすいので苦手なキャストが多いシュネには非常にマッチしています。

ただしドロー値が上がらない為、兵士をドロー1発で倒せるようになるのがLv5水鎧発動後になるのが難点。
個人的には対面がツクヨミ、フック、メロウ、コッペリアの時に積むことを考慮しています。



候補3.悪魔斬りの包丁(通称:包丁)
ドロー値が弱体化したがまだまだ積まれる包丁です。
このアシストの最大の特徴は「レベルアップ時に一定時間経験値獲得範囲が拡大する」点です。
対面してみると判るのですが、シュネより射程の長いファイターと対面すると非常に経験値が取り辛いです。
シュネの真骨頂であるLv4以降に早くする為、経験値を取り逃したくない場合に採用しましょう。
具体的に言うと私はフック、メロウ、ドルミール対面の時は積んでいます。
ピュアホワイトスピアの威力が下がるのはマイナスですが、そもそも1試合に使って1回か2回ですからね…。



候補4.長き天の匙(通称:匙)
無難候補。シュネを使っていると良くあるのですがレーン戦が激戦すぎて、
Lv4レベルアップ時にセブンスピリッツを使うMPが無い!という事が多々あります。
シュネの仕様上MP上昇系は全てスピリッツテリトリーの回数に関わる為、個人的にはかなり有。
ドロー値上昇がマイルドなのでレーン戦の難易度が上がるのが難点。


候補5.七精霊を宿せし聖槍(通称:4専用槍)
無難候補。シュネ専用効果を持っています。以前は必須アシストだったのですが
他に強烈なアシストが多くなってきた為、候補の一つに落ち着いています。
一番これを使い易いのはシュネミラー時



候補6.ライオン騎士の槍(通称:ライオン槍)
今自分が一番推している槍です。レベルアップ時35秒間ドロー威力が上がります。
上昇するドロー値が一番使われている鐘より大きい為、かなり威力があがります。
また最大HPも小ながらアップし鐘のMP中ダウンが無い為、非常にシュネにマッチしています。
ドローサイズUPはレベルアップ後1発しか効果がない為、おまけ効果みたいなものです。
ただしセブンスピリッツの小玉のサイズも上がる為、相手キャストによく当たるのも採用基準の1つです。


■立ち回り考察(Ver5.12B)
開幕
現環境では黄龍のスピードアップがある為、最初の相手兵士列が味方兵士に向かって弾を打つ前にDSを当てて、
敵兵士弾を打たせない様にする事ができます。(通称:開幕兵士止め)
ただしこれをする事によって逆に1列目兵士の処理が遅れる可能性がある為、絶対やった方が良い訳ではなく、
相手が開幕兵士止めできないキャスト(特にフック)の場合にやる方が有効です。
それ以外の場合は最速で綺麗にほぼ1列兵士にDS当たる形で狙うのがベターです。MP10は大事です。

Lv1-2
基本的には兵士を確実に1列ずつドローショットで処理していきましょう。
ただし殆どの場合、対面ファイターの方が兵士処理が早いor射程が長い為、普通に戦ってもほぼジリ貧になります。
その為、使い易いストレートショットや兵士に描いたドローショットの終端で敵をダウンさせる事も狙った方が良いです。
どれだけこの時間帯を五分以上で戦えるかが大事なキャストです。

Lv3
テンプレ通りならピュアホワイトスピアが解禁します。
また順調ならマスタースキル「和魂」が使える様になる為、持久戦がしやすくなります。
Lv3の中盤ぐらいで精霊ゲージがMAXになる為、スピアを打つか考えましょう。
★打つ事を考慮するケース
1.ゲージMAX時にまだLv4への経験値が半分以下の場合
 基本的に他のレーンが押されている場合はこういうケースが多いです。
 スピアを対面相手に当てる事によりレーン戦が改善されるならスピアを打つ考慮はアリです。
 特に長距離射程キャスト(ツクヨミ、メロウ、フック)相手はたまに劇的にレーン戦が改善する事があります。

2.スピアを当てれば相手が死ぬ場合
 現在のレーン戦はマスタースキル「和魂」の影響で持久戦化しやすい為、
 Lv3までに相手のHPを減らしていても粘られるケースが多々あります。マスタースキル貯めている際は回避行動ができない為、
 相手がスピア一撃圏内でダウンして和魂チャージしている場合はスピアを打つ事を考慮しても良いでしょう。
 ダウン後に最速でチャージしても和魂の回復前に無敵時間が切れる為、タイミングよくスピアを当てれば回復前に倒せます。
 ただしそこまで押してる場合はそもそもスピア打たなくても手前取れるのでは?

3.自身がほぼ確定死から逃れられない場合

 デスした場合はゲージがリセットされる為、完全に無駄になります。
 横槍を受けて挟まれており確定死がほぼ決まっている場合はスピアぶっぱもやむを得ません。
 その場合は、
 ・兵士列を狙う
  9人兵士列を消せた場合は復帰時に手前拠点が残っている可能性があります。第一候補。
 ・敵キャストを狙う
  敵アタッカーなどに挟まれている場合はアタッカーを狙った方が万が一生き残れる可能性が高いです。
  単純なスピアぶっぱは発動前に止められてしまうので味方兵士などを挟んで発動しましょう。
 ・拠点を狙う
  拠点にも3回殴った分ぐらいのダメージが入ります。
  相手キャストのランクや強さを鑑みて、手前拠点がなかなか折れない相手だと思えるなら拠点へのスピアも候補です。

Lv4
シュネを使うにあたって一番楽しい時間です。
現在非常に強いムーブがLv4と同時に精霊ゲージMAXでのスピリッツテリトリー(1回目)を発動する事です。
シュネを使う際に必ず意識しましょう。
ここからは基本的にセブンスピリッツを使用してからドローショットを描く形にします。
※レーン戦の状態によって絶対ではないです

Lv5
水鎧を付けている場合はMP30使用後にドロー威力がやっと他のキャスト並になります。
兵士もドローショットで1列処理できるのでセブンスピリッツ→DSで処理していきましょう。
精霊ゲージMAX時は基本テリトリーですが巨人処理時はスピア打つ事も考慮しましょう。

Lv6-8
6専用の発動と同時に精霊ゲージが凄い勢いで溜まる様になります。
どんどんテリトリーを打っていきましょう。
自身のレーン戦はそれでもきついかもしれませんが大抵他のレーンが有利になっていきます。

ワンダースキルの打ち所さん
シュネのWS「ホワイトライトブレス」は45秒間、
自身のドローショット攻撃力スキル攻撃力上がり、精霊ゲージが大幅に増える効果があります。
特にピュアホワイトスピアの威力はアタッカーの特定スキル並の威力の為、非常に強力です。
・巨人処理
 一番無難な使い方。スピア1発で硬い巨人でも4割ぐらい削れる為、即座に巨人を処理したい場合は使いましょう。

・絶対デスできない場合または時間を稼ぎたい場合
 後半絶対デスできない時やアリスWSやミクサWSに絡まれて時間を稼ぎたい場合に使用。
 強アタッカーWSによって自身が死ぬまでに時間を稼ぐ=味方の生存確率の上昇です。

・キャストキル
 現実的に狙える使いどころです。
 前述のアリスWSやミクサWSに対しても逆転の可能性があるのが最高です。

・拠点破壊
 WS中のピュアホワイトスピアは拠点攻撃力も抜けています。
 どうしても折りたい拠点への攻撃、僅差勝負での城や奥拠点へのスピアは常に可能性として考えておきましょう。

それ以外のケース
・味方の奥拠点援護
 味方が他レーンの奥拠点を攻撃している際に後押しで無理矢理テリトリー使うのはアリです。
 味方が対面しているキャストがテリトリー兵士を一撃で倒せない事が判っている場合は最初からこの使い方も考慮するべきです。

・味方かぐやWSに合わせる
 かぐやWSはMPが爆速で回復(40秒でMP130回復)します。
 かぐやワンダースキルを見た瞬間使えばフルで利用できる為、
 スピア→セブンスピリッツ×3+DS→スピア→セブンスピリッツ×3+DS→スピア
 のコンボが可能な為、終盤大逆転を起こせる可能性も微レ存。
 かぐやが味方にいる場合は考慮しましょう。
 ただし巨人処理の場合はかぐやWSだけでも十分なので自身でWSを使う必要はありません。

・味方吉備津WSに合わせる
 吉備津のWSは味方の拠点攻撃力を上げる為、シュネWSのスピアを拠点打った場合のダメージも上げます。
 まさにワンチャンス。

 と色々書きましたが大抵「巨人処理」、「相手攻撃の回避」に使うケースが殆どです。

その他のスキルとかの考察
スキル:フェニックスウィング(産廃)
他のキャストがドロー1発で処理できるタイミングでMP25払って硬直長めの兵士処理スキル打つかという話。
現状リザーブからもいらないです。

スキル:イモータルハート
シュネの特性であるテリトリーを外して入れるかという考慮が難しいスキル。
自身が対面キャストに絶対勝たないといけない試合のみ考慮に入ります。
特にメロウ、フック、ツクヨミなど相手が理論値を出してきたら勝てないキャスト相手は一考の余地あり。
僕はどんな場合でも味方期待して入れてません…。

マスタースキル:スターブリンク
現状和魂が強すぎる為、殆ど候補に入りません。
ただし使わないと相手のダウンすらままならない対面キャスト(特にメロウ、フック、ツクヨミ)だけは考慮の余地あり。
特にメロウの場合は個人的には一番考慮して良いと思ってます。

マスタースキル:兵士処理系マスタースキル
現状和魂が強すぎる為、より候補に入りません。
シュネの場合は拠点に流れ込む兵士を止めるスキル(ピュアホワイトスピア)がある為、使い機会が殆どありません。
Lv4まで耐える意味で使うかと言われたら一考の余地有。その場合も大体は和魂の方が優先です。

対面考察
何回か書いていますが現在シュネはレーン戦で有利が取りやすいキャストではありません。
相手との相性を考えて悠久・刹那門の選択やアシストを最大限考慮すべきです。

相性✕:どうやったら勝てるのこれクラス
ツクヨミ最強最悪の17歳
 理論値を出されたら絶対勝てません。テリトリー兵士も今は水鎧発動後のLv5DS1発で処理されます。
 手前拠点折り合って終われば御の字。たまたまダウン取れた場合は大チャンス。最もシュネの忌むべき相手。
メロウ青肌怖い
 開幕からDS射程、SSの非ダウン相まって近づけません。テリトリー兵士もダウナーソング→DSで一掃されます。
 水鎧積んだメロウのDSはスマッシュヒットが出る為、通常のHPなら2発でデス。HPを積んだシュネでも3発が限度。
 DSが多少硬直がある為、相手の予想とは違う動きを常にしてダウンを取れたらチャンス。対面が続くと発狂します。
コッペリア恐怖の新人
 去年の投稿から追加された相性最悪のキャスト。シュネより射程の長くダメージの大きいDSを開幕から飛ばしてきます。
 一番の難点は序盤も絶望的相性ですが、終盤もドールマイディア(通称ブーメラン)でテリトリー兵士一確される点。
 味方の横槍で死んでくれるとゲージ管理系キャストの宿命で押せる事も有。

相性△:厳しいけどワンチャンスある
ドルミール神をも超えし草
 射程長い後半硬直短い、WSで断罪兵士流される可能性のある永遠と相性が悪いドルミール。
 ただしテリトリー兵士に対してはMPを大きく払わないと処理し辛い為、チャンスは割とある。
 畳を森から置かれるのだけはギルティ。

玉藻のじゃ可愛い
 非ダウンで嵌められやすいDSにテリトリー兵士処理スキル、回復持ち、断罪持ちと何でもできる相手。
 弱体化前は相性✕までありましたがまだマシな相性に。当たり判定小さいけど1回当たるとほぼ負けのDSを
 どれだけ回避しつつSSでダウンを取れるかが大事。

フック場合による船長
 長距離射程、シュネの硬直を差しやすい獲物、テリトリー兵士を処理できる蜂の巣、パンチ持ち。ただし遅い。
 どれだけ歩いて回避できるかが大事な相手。蜂の巣積んでない船長相手は相性普通ぐらいまでマシになる。
 課金兵士・蜂の巣・獲物を固定で積む某ランカーフックがシュネ最大の脅威(と個人的に思っている)。

シャリスレーン戦上位互換猫
 玉藻に近い形だがシュネより長いSS射程、長いDS射程(スナッチ解放後はより顕著)、全てをリセットするWSと
 それなりに苦手な相手。ただテリトリー兵士は割と効くので勝てない相手ではない。

ミラベル声の可愛いゴリラ
 後半型のファイターだがクロスドローでLv2から兵士一確できる関係上、相性がシュネにとってはかなり悪い。
 後半ゲージが最大になった後は押される一方になるのでそれまでにどれだけアドが稼げるかが大事。

大聖
 後半型のファイターだがドローLv2確な為、MPが相手側がきついだけでそもそも前半から辛い。
 近距離だとこちらのDS硬直に対して相手のDSが確定で入ってしまう為、回避できる距離感が大事。
 セブンスピリッツで予測できないDSを意識しましょう。

相性普通:実力差が出やすい対面キャスト達
その他のキャスト
 シュネにとって「このキャストが対面ならほぼ勝てる」というキャストは存在しません。
 テリトリー兵士が苦手だったり、シュネより前半兵士処理し辛いキャストは
 相性普通の中でも相性良い方に分類しても良いかもしれません。
 具体的にはサンド、吉備津、リンが比較的相性良いです。


■最後に
徒然とビルドや立ち回りについて超長文を書いてきましたが、どうでしょうか。
シュネーヴィッツェンは初心者でも使い易く全体バフという判り易く強いスキルを持っており、
巨人にも強い反面、対面ファイターに不利になるケースが多いキャストになっていると思います。

初心者の方が立派なシュネ使いになって、ワンダーランドの世界を小倉唯に染める事を祈っております!

少しでも立ち回りのヒントや、時間潰しになればと思い〆とさせて頂きます。
ありがとうございました!

2020/10/12 ぷ~
作成日時:2020/10/12 18:25
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア