243

サポーターのビルド案

by
緋渡 夕銘
緋渡 夕銘
どうも、おはこんばちわ緋渡夕銘です
今回は私が普段使用しているサポーターの装備をご紹介します
サポーターの装備に迷った時の参考にでもなれば
何故かスマホからだと画像が付けられなかったので文章で書きます

まず1人目、ピーターから
「赤の学徒の本」「餅食らいの袈裟衣+」「髑髏の首飾り+」「高額な錫杖」「八艘飛びの牛若丸」「インプルスゼーレ」
「ドリームウインド」「ウインドゲート」「エアウォーク」
いわゆるドロー盛りピーターの一つです
牛若丸が育ってきているレベル4辺りからドローで兵士を取れる量が増えてきます
レベル6からは首飾り+が発動していなくても大丈夫です
ドロー補強による防衛力の補強とHP継続回復を重視していて戦線に残りながら戦うスタイルとなっています
MP補助も3枚積んでいるのでMP回りも悪くないです
紫の魔女の髪飾りをつけたい時は餅食らい+と交換しましょう
ただ欠点としてこの装備には夢銃こと「夢込められし自由の銃」がないのでストレートの硬直が軽くならないのは注意

2人目、シレネッタですね
「赤の学徒の本」「惨劇の爪痕残す操作板」「煌めく大海のブローチ」「深海の姫の水着」「八艘飛びの牛若丸」「エルガーナーゲル」
「エナジーソング」「フォーミーチアソング」「パッションストリーム」
これはドローの強化をしつつストレートも盛っていくという装備です
シレネッタのドローは威力以外はかなり優秀なのですが、威力が低過ぎて兵士を倒すのに3発くらいかかってしまいます
そこで学徒本と牛若丸の補強でドローを強化します
特にパッションストリームが撃てない状況での防衛はドローに頼らないといけないのでドローの補強は実は悪くない選択肢となっています
序盤ドロー強化を活かしてドローを押し付けて開幕有利を取って拠点を奪い、パッションストリーム等の防衛技で手前を守って勝つシレネッタの戦術にも合ってますしね
そして自衛用の操作板、シレネッタはダウン技を持たない都合上、火力で迎撃するしかないので火力枠を一枚入れておくといいでしょう
牛若丸の自己回復があるので、「フォーミーチアソング」の代わりに「アクアスパイラル」を入れるのも悪くないです
シレネッタは巨人を倒すのが苦手なので巨人処理の補助になります、そこは好みで

3人目、ヴァイスですね
「白き影のダークブーツ」「虚飾の七色羽飾り+」「餅食らいの袈裟衣+」「血で咲いた悲哀の薔薇」「茨の王レヴェイエ」「ラージェホルン」
「ステルスフード」「ラピッドブラスト」「デンジャーエッジ」
まあみんな見た事ある装備だと思います
あまり説明しなくてもいいでしょうが、餅食らい+が自由枠で「青の占星師のヴェール」にするとダークブーツが発動してる時の回避能力が上がります
ただヴェールのために特殊マスタースキルを装備すると序盤の兵士処理で困ることになるのでおとなしくラージェホルンあたりにしておきましょう

4人目、かぐやですね
「赤の学徒の本」「乙女が流した神秘の涙」「紫の魔女の髪飾り」「血で咲いた悲哀の薔薇」「神酒」「エルガーナーゲル」
「望月の加護」「竹光の足枷」「月影の矢」
まあこいつもいつも通りですね
特別な事は特にないのですが学徒本が育てばドロー1確で神酒と涙で経験値を確保、自衛用のエルガーナーゲルに困ったら入れとけ枠筆頭の髪飾りという構成
タフに戦線を支えて行きましょう
ちなみに神酒の代わりに栗丸じゃダメなの?という意見も出ますが、かぐやはレベル1がキツイキャストなので神酒にしましょう。栗丸では発動が遅過ぎます

5人目、多々良
「赤の学徒の本」「蛇姫の焼いた梵鐘」「矜恃負う鉄鬼の装甲」「夜叉王の蒼き鉄拳」「四方の巫女黄龍」「エルガーナーゲル」
「夜叉王ノ庇護」「魂送リノ鞴」「錻喰ライ」
学徒本と梵鐘、黄龍を活かして序盤から兵士処理を行い、自衛用のエルガーナーゲルもセット
防御アシストも二枚重ねて防御も万全
錻喰ライの回復でゴリ押しして勝つというもの
道具が2枚あるのでソウル枠は「悪魔を暴く者ルチア」でもいいかもしれませんね

6人目エピーヌ
「赤の学徒の本」「髑髏の首飾り+」「乙女が流した神秘の涙」「血で咲いた悲哀の薔薇」「カボチャ頭のジャック」「エルガーナーゲル」
「百年の眠り」「茨の抱擁」「微睡みの粉」
典型的な抱擁エピーヌですね
その中でもMP補助を大量に積み込んだ形となっています
これだけMP補助を大量に積み込むことで微睡みの粉を大量に使う事ができます
試行回数が増えるので単純に粉抱擁ができる確率が上がりますし、急いでレーンを上げる時や防衛時に粉を連射できるようにすることで兵士処理能力を高めています
それでも抱擁を外し過ぎるとMPが足りなくなるので安易な抱擁は厳禁です
粉がいっぱい使えるので、相手が粉に引っかかるまで気長に待って当たったら抱擁に手を出す程度で大丈夫です
ただしMP補助に枠を非常に割いてしまっているので、単体でのスピードや耐久はそこまで高くないです
耐久が欲しいなら首飾り+を紫の魔女の髪飾りあたりに付け替えておきましょう

7人目マリアン
「赤の学徒の本」「悪魔斬りの包丁」「餅食らいの袈裟衣+」「五月桂の花冠」「チェネレントラ」「エルガーナーゲル」
「ハンターブレス」「ダブルショット」「ジャッジメントレイン」
まず包丁は兵士を遠くで倒すマリアンには必須
さらに学徒本とチェネレントラでレベル2ドロー1確を、チェネレントラのみでレベル1クロスドロー1確を取ります
個人的にはマリアンは開幕は兵士を先行処理できるのが大きな強みだと思ってるのでクロスドロー1確は取りに行きます
MP補助3枚体制でMPにもそこまで困りません
餅食らい+が自由枠で相手によっては少年神の火尖槍でスピードと火力を確保したり、紫の魔女の髪飾りで防御を固めるのも良い感じです

8人目ユクイコロ
「赤の学徒の本」「蛇姫の焼いた梵鐘」「少年神の火尖槍」「赤熱した直槍」「八艘飛びの牛若丸」「エルガーナーゲル」
「ウパシサンベ」「ピリカアットゥシ」「メアンルヤンペ」
こいつは1番ビルドに悩むところですが私としてはコレを推してます
このビルドは見ての通りドローアシストを詰め込んでドロー1確を取るための装備となっています
ユクイコロは手軽に使える兵士処理技を持たないので防衛力と進撃力を持たせるためにはこれくらいしないといけません
ウパシサンベを置いた後はドロー1確を活かして兵士処理をして防戦し、バフが完成したらアタッカーと押し込むまたはアタッカーを横に派遣して防衛になりますが
押し込む時も守る時もこの装備をしていれば手早く兵士処理が出来て成功させやすいです、個人的にはかなりお勧め
ただMP補助が1枚しかないので、節約できる時はしっかり節約しましょう

9人目シグルドリーヴァ
「赤の学徒の本」「少年神の火尖槍」「餅食らいの袈裟衣+」「死せる戦士達の黄金槍」「八艘飛びの牛若丸」「エルガーナーゲル」
「ヴィクトリーロード」「ジャッジオブソウル」「セブンスピリッツ」
ジャッジオブソウルの体力消費をカバーすべくHP回復を2枚用意しました、MP補助も2枚とそこそこになっていますのでジャッジオブソウルもそこそこ撃てるようになってます
とはいえ回復があっても低体力で残るのは危険なので帰る判断はきっちりとしましょう
一応火尖槍でスピード補強はしてあります
ちなみに牛若丸のHP回復は過剰だと考えるなら「凍みる心カイ」にするとMP補助が付くのでそちらもオススメ

10人目、ワダツミ
「長き天の匙」「水精の加護受けし鎧」「輝く七星のひしゃく」「海の幸司る釣り針」「盛衰の使者座敷童」「シリウスブリンク」
「遡行トキガエシ」「招来オオウミガメ」「雄飛トキツカゼ」
座敷童型ワダツミ
水鎧をつけてドローを大きく強化する事で巨人に対して少しでも対抗する能力を付けようとしています
それだけです、正直ワダツミはサポーターではありますがサポーターらしいことはしていないので説明しづらいんですよね

11人目ドロシィ
「赤の学徒の本」「髑髏の首飾り+」「餅食らいの袈裟衣+」「高額な錫杖」「八艘飛びの牛若丸」「ラージェナーゲル」
「ブリキんの優しさや!」「ライオンの勇気や!」「ウチの家がーっ!」
おいピーターとほぼ一緒じゃねぇか、ごもっともです
ですがドロシィは兵士一掃技の「ウチの家がーっ!」の消費が重過ぎてほとんど巨人処理の時しか使えないんですよね
そうなるとドローで兵士処理することになるので似てしまうのは仕方ないんです
こちらもレベル4辺りからドローで落とせる兵士の数が増えていきます
ただドローを強化していますがドロシィはバフ2つ持つ都合、MPを体力にバフスキルに割く必要があるので頑張ってストレートで節約する事も大切です
餅食らい+が自由枠でに紫の魔女の髪飾り」を入れたければここに入れましょう

12人目メイディ
「赤の学徒の本」「髑髏の首飾り+」「餅食らいの袈裟衣+」「血で咲いた悲哀の薔薇」「カボチャ頭のジャック」「ラージェナーゲル」
「ライオンの勇気だ!」「エナジーソング」「月影の矢」
新キャストのメイディの装備、見ての通りマスタースキル以外の全ての装備がMP補助で固めてあります
というのもメイディはバフ2つの上に兵士処理もスキル攻撃と他のサポーターに比べて尋常ではないほどスキルにMPを喰われます
そのためMP補助に特化した装備でなければMPが追い付かないのです
ソウルはいくらか候補があるのですが、レベル2のストレート補強で小兵士を落とせるようになるジャックを採用
エナジーソングはスキルの自由枠で、ここを相方によってラピッドブラストかハンターブレスに切り替えるのが一般的となっています
スキル型アタッカーと組む時はエナジーソングでいいのですが、ストレートやドローを主体とするキャストと組む時はラピッドブラストかハンターブレスか迷うところ
一応私的には「相手の編成が近距離迎撃に優れている時は間合いの外から手が出せるようにハンターブレス」「敵の編成が近距離迎撃に優れない場合はリターンの上がるラピッドブラスト」と使い分けています

というのが一応今の私の装備となっています
まあこういう装備もあるよってことで一つ
今回はここまでにします、よろしければまた次回お会いしましょう
作成日時:2021/04/01 22:36
コメント( 3 )
ナギ
ナギ
4月1日 23時41分

シレネのソウルは栗丸でいいと思います。
理由としては足回りのないシレネで前に出るリスクを少なく経験値を回収するという役割を持てるソウルは非常に大事だからです。
忘れがちですが、栗丸は経験値の回収量の増加効果もあって経験値有利が取りやすいです。
ソウルで牛若をつけてHP周りを補強する、DSを強くする目的はわかりますが、
前に出るリスクを上げるよりは結果的にHPを温存できるのではないでしょうか?

緋渡 夕銘
緋渡 夕銘
4月2日 0時13分

シレネッタはドロー値が低過ぎて赤本だけではドロー値が足りないのです
そもそも序盤は前進しながらドローで兵士を倒すので経験値獲得範囲増加がなくても拾える位置に落ちるんですよね
そのドローゴリ押しを通してこそというか、もうシレネッタにはそれしかないので。シグル相手の時なんか回復完封されるのでドローを描きまくって意地でも手前を強奪するために前に出ますし
あとドローを盛らなければいけないのは津波の信頼性の低さにあります
発生遅過ぎて見合ったら撃てないんですよね、ピーターみたいにエアウォークで突撃してきたりマリアンみたいに遠隔で止めてくる奴らもいるので
それだったらドローを盛った方が兵士処理が安定しますし、経験値も近くで落ちるので安定して拾えます
あとストレートにしか振ってないと、相手が冷気帽子や紫の魔女の髪飾りを付けてたりすると完封されかねないのでそういう意味でもドロー補強は大切です
正直今のシレネは栗丸付けてる場合じゃないと思います、栗丸付けて後ろに下がるくらいなら前に出てドローを撃ちましょう
今のシレネッタには後ろに勝利なんか転がっていません、全力で前に出て奪い取りにかからなければいけない
私はそう思います

ナギ
ナギ
ナギ
4月2日 0時20分

返答ありがとうございます。
もちろんドローを盛る事そのものは重要だと思うし前に出る事そのものは間違ってないと思いますし自分も割と前ブして開幕手前取りたい派なのでよくわかるのですが、
個人的にはそこまで赤本のみで火力が不足という印象がなかったんですよね。
多分その辺は出撃番号の差とかなのかもしれません。

コメントするにはログインが必要です
シェア