999

アタッカーキャスト解説Part1(ルカ編)

by
John
John
こんにちは 或いは初めまして。Johnです。

アタッカー解説の一回目です。
本来は各キャストを軽く説明していく予定でしたが、
折角の新キャラということで今回はルカに絞った記事になります。


毎度のように長いので、要点は太字にしてあります。
そこだけ読んでいただいても凡そは大丈夫だと思います。

時間や射程、ステータスなどの細かな点では凡そであり多少の間違いがある可能性がございます。

また当記事は筆者がルカを使った時の印象や経験に基づいてるところが大きいので、
必ずしもこれが正しい、こうすべきであると推奨、強制をするものではございません。

あらかじめご了承ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・基本性能について
ルカはHPは並程度(アシェと同等程度)で、
スピードがやや遅め、MPは多め(両方アリス程度)
全体的に硬直が長めですが回避距離や回避の硬直が全キャラ中で見てもかなり優秀なので、
クセがあまりなく使いやすいキャラといえます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・SSについて
射程が長く(ロビンと同程度?)、弾速はやや遅め、威力はアシェと同程度の長射程型SS

薙ぎ払いがないからか射程の割には発生するのは早めですが、近距離では潰されやすいです。
射程はかなり長い部類に入るので、遠距離から安全に攻撃することができます。

ただ若干発生に不安があり後隙が長めで弾速も速くはないので、
相手の硬直を狙ったり、行動しそうな方向に向かって先打ちする使い方が無難です。(置き)
近距離ではあまり強くないので、なるべく最大射程辺りを意識しましょう




・DSについて
DSは怪童丸のDSの射程と描画距離を伸ばしたような性能で、癖がなく扱いやすいです。
無強化でも小兵士に5~7割程ダメージが入るので兵士処理能力も悪くないです。
弾のサイズ自体は大きいですが、ヒット毎に縮小するのも早いです。

アタッカーのDSとしては優秀な部類なので、
序盤のレーン上げを行いやすく、端レーン担当ならDSを盛るビルドも有効です。

弾速も遅くなく弾の初期サイズは大きいので、スキルの後隙をDSキャンセルでカバーするのもある程度有効です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・スキルについて(個人的優先度が高い順に説明)


1.びっくりさせるぜ!

消費MPは30
LV3から使用可能になびっくり箱三連射攻撃
ダウン状態の相手にあてた場合はダメージ補正がかかる
ようになっています。

このスキルがかなり強力で、絶対に抜いてはいけないです。

単発火力はアリスの物より結構低いですが(体感5~6割程?)、
直撃1発+ダウン追撃2発の3発全ての合計は近い威力があります。


このスキルは小兵士を一撃で倒せる為、一列の兵士相手に垂直気味に撃つと一発目が兵士を倒し2~3発目が
その後ろに届く
ので、アリスのより狙える場面が多いです。
ダウン追撃の補正も高く、近距離でダウンさせた場合はそのままびっくりで追い打ちすることで1~1.5メモリ程の
追加ダメージが見込めます。


更に三連射という特性上アリス系のWSや硬質化、更には巨人といったダウンしない相手なら
3発とも本来のダメージが入るため
とんでもない威力を発揮します。

※因みに3発当てればウィンドゲートのコアHPの8割を削れるのでコア破壊にも使えます。


但し、ロビンのダブショ等と同じく、途中で仰け反り以上の攻撃を受けるとその時点で攻撃が止まってしまいます。
場合によってはMPだけ使い一発も出ないこともありえます。
発生保障がない点だけは注意しましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2.エンドルフィン

消費MPは25
本家と同じくLV4からの自己強化スキルで、非ダウンの敵に攻撃を当てる度にSSの攻撃力が上がり、
3回当てるとSSが変
化します。3ヒットさせずに1分程経過でも効果が終了します。

SS攻撃力アップも体感できる程度にはありますが、メインは後半のSSの変化

変化してる時間は20秒無いくらいと短めですが
本来のSSより射程が少し短くなる代わりに、魔神化マリクのような3発同時発射に変化し、
硬直も半分近くに減るので、取り回しや当てやすさが劇的に向上します。


広い攻撃範囲と発生の速さに加えて、一発毎が高威力なので
この状態のルカは1対2ですら勝ててしまうことも少なくなく、とてつもない制圧力を誇ります

兵士処理も早く、密着状態なら猛突進以外の巨人は3~4回のSSで破壊できます
こちらも基本抜く理由が無い強力なスキルです。

因みに高威力のSSが一度に三発出る特性上バリアを割りやすいです。
バリア環境の現状では大きな利点です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3.ジャッジメントレイン

消費mp25
本家のロビンとほぼ大差ないそのまんまのスキルです。

ロビンでは全く使われてないし弱いのでは?と思いがちですが(筆者は最初思ってました)
話はそう単純ではありません。

このスキルはエンドルフィンのお供に使うことで真価を発揮します。

壁を越える非ダウンの連続攻撃な為、簡単にエンドルフィンのヒット数を稼ぐことができます。

敵の硬直に対して〇の中心辺りを捉えられれば、どんなキャラでも大抵2ヒットは入ります

2~3ヒットでも0.5メモリ程の無視できないダメージが入るので、
相手としては非常に面倒なスキルになっています。

範囲系攻撃の例に漏れずリンクで強く
敵がスロウ、スタン、或いはジーン系の渦等で行動が不自由な場合はとてつもないダメージを出すこともあり、
味方との連携が取れればスキル単体で見ても強力
な場面があります。

発生が早く、たとえ走ってる相手でも1~2ヒットは狙える性能なので、
ミリ狩りや起き攻めでの無敵時間の無力化にも有効です。


他のレイン系よろしく、攻撃中に行動不能になると中断されるのでそこだけ注意しましょう。

なるべくエンドルフィンとセットで採用したいスキルです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4.アッシュミスト

消費mp30
性能は昔のでかい頃のアッシュミストそのまんまといった感じ

範囲が大きく、先端中央では走ってる敵でも当たるレベルです。
発生は若干遅いですが、割と当てやすいスキルだと思います。

悪くはないのですが、範囲が出てからワンテンポ遅れてヒットする為読まれていると割と避けられやすく、
スロウもやや物足りないかな
というのが、現状の感想です。

ジュゼのゲージなしジャムよりもマイルド(体感)なので、それにMP30払うのは勿体ない気がします。

ただ当てた後の展開は悪くなく味方とリンクを取ったり、
相手の行動を遅延し横やりの先回り等
やれることは一杯あり
エンドルの回数稼ぎにも使えるので使い手次第のスキルといったところです。

かぐややマリアン相方の時は光ると思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5.フレイムショット

消費mp30
ほぼミクサそのまんまと思っていいと思います。

勿論スキル性能は文句なしなのですが、
残念ながらルカの中では中途半端なスキル
となってしまいました。

兵士処理性能がびっくりとほぼ同じ?なので、
ヒット時のリターンや射程を考えるとびっくりでよいのが現状
です。

ヒット数稼ぎや起き攻めにも使えますが、それならレインの方が安定しますし、
これが直当てできるならびっくりも直当てできるといった感じに、万能故の器用貧乏感がぬぐえないです。

DSが優秀な為、序盤の兵士処理としても明確に強いとも言えず、
LV2から火力が出る所を活かせない限りは採用する理由は特にないと思います。

端レーンでどうしても序盤から攻めたい時に採用する可能性があるくらいだと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WS.ハートオブワンダラー

スピードアップ、スキル消費MP軽減、攻撃ヒット時回復の3種類の効果があります。

何かしら特別な効果があるわけではないですが、
この三つでは特にHP回復が強力です。

「まだ前線で戦いたい場面だが、HPが半分切り始めてて不安」なんて時に使うと、相打ちでもポコポコ殴り合ってれば自然とHP有利が付くので、帰らずに戦い続けられます。

一撃で倒されない限りは相打ちでも有利になるし、高攻撃力をぶつけれれば一瞬での超回復も可能です。

ダウン状態の相手に与えたダメージでもしっかり回復するので、
スキル軽減と相まってびっくり追撃との相性は抜群です。

巨人処理の為のびっくりを打つためにMPを節約したい時にも使えます
(基本的にはエンドルフィンSSの方が巨人処理で強力な為、エンドルフィン成長の暇がない時に使います。)

ピンチで逃げる為に使うのもスピードとHP回復がある為悪くないです。
明らかに腐るという場面が少ないので、使っていればそのうち感覚で使い所がわかってくると思います。

汎用性が高い代わりにここって使い所が少ないので、こればっかりは慣れるしかないですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビルド案
結構長くなってしまったので、筆者が基本で使ってる中央、端用それぞれ簡単に紹介します。

中央

基本的には立ち回りを重視し、ヴェールで回避と射程、そのほかでスピード(と火力)を補強します。
このキャラの明確な弱点が足が遅いくらいなので、そこを重点的に強化する形になります。

エンドルフィンのSSはヴェールとカットボビンのみでも火力が十分なので、スピードを重視しています。

ソウルの他の候補はプレシデンがありますが、立ち回りの面では何かとカットボビンが扱いやすいので、
最初はカットボビンをおすすめします。

MSはコラプサーフィアでほぼ固定
このキャラは戦いながら回復することができるキャラであり、
ヴェールを使うこともあって相性がいいです。
エルガーナーゲルやルサールカも無力化できます

マメール帽、真珠の枠が自由枠です。
真珠を冷気帽にしてSS系相手により強くしたり、イヤリングでびっくりのリターンを上げるのもアリです。
お好みでどうぞ



・端

DS型の例


スキル+スピード型の例

端レーンの場合はお好みでいいと思います。
オススメは序盤が安定しており、エンドルフィンを余裕をもって使えるDS強化型

DS盛りは本以外の二枚が自由枠です。MP盛るもよし、更にDSを強化するもよし、スピードを盛ってもよし
お好みでどうぞ

端はエンドルフィンが発動できればなんとかなるので、
慣れてきたら自分のスタイルや相手に合わせて自由にビルドを組み替えられます


スキルは中央も端も基本はびっくり、レイン、エンドルフィンで大丈夫です。

MSは
本のDS攻撃力を上げられて兵士処理できるラージェナーゲル
相手の事を強引に動かせて、マメール帽子のスピードを稼ぎながら、
レインとコンボができるルサールカジェム辺りがおすすめです。

※オマケに自分のリザーブを載せておきます。何使うか困ったら参考になるかもしれません(?)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・立ち回りについて

端も中央も目指すところは同じです。
エンドルフィンをできる限り回して、強力なSSで制圧する
これだけです。

序盤は無理せずSSでけん制しながら兵士処理

ダウンを取ったら勿体無がらずびっくりで追撃をし、HP有利をつける(重要)

SSの項目でも言いましたが、
素では近接戦闘が強くはないので、なるべく射程の長さを活かしてじっくり慎重に戦いましょう。

序盤は理由や根拠が無い限りは自分から詰めてガンガン攻めていくのはやめておきましょう。

自分から攻めていくのはビルドが整い、エンドルフィンが発動するLV4からです。

※但しこのキャラはびっくり追撃前提なら、SS一発からでもかなりのダメージを出せるので、
相手のHPが少ない場合や、兵士量で勝ってるなら少し強気にSSを当てに行くのもアリです。


自己強化系キャラ全てに言えますが、
まず相手が不利を返すところからスタートさせられれば、
その隙に自分はドンドン自己強化し敵を制圧できます


ルカは成長系スキルを持つキャラであるにも関わらず、
素の状態でもそこそこ強いキャラ
であり、有利を作った上で成長を始められる事も少なくないので、
とにかく無理をせず自分のペースを維持するのが大事です。


相手をこちらのペースに引きずり込めば、押し付けが強いこのキャラに敵うキャストはいません。



劣勢時の場合(レーンが押されている、レベルやHPで負けている時)
とにかく無理をして相手に付き合わないこと
相方がスピード強化系サポでもなければ、序盤は中央からあまり離れすぎない方が良いです。

LV4になるまではかなり足が遅く、後出しで出来ることが精々ぶっぱなしびっくり程度なので、
無理に相手に付き合ってもいいことはあまりないです。

あとはLV3でMPがカラだったり、LV4でエンドルフィンも打てないのはMPの使い過ぎなので注意しましょう。
無駄なDSやびっくりをしてなければMPは余裕があるはずです。

くどいですが、無理せず焦らず一回エンドルフィンを回し始めればかなり強力なキャラなので、
とにかく自身のデスを減らし、エンドルフィンの維持を目指しましょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

終わりに
前回に引き続き、ここまでの長文をご高覧頂きまして、ありがとうございました。
最後の方は駆け足気味でしたが、少しでも参考になれば幸いです。

余談なのですが、これまでの説明でお察しの方もいるかもしれませんが、
ダウン前提の高威力、複数攻撃技が多いので非ダウン当たり前のヴィランが出てくる
宿曜典冒険譚でもなかなか活躍できると思います。

勿論全国対戦では使いこなせれば圧倒的な制圧力で無双できるので、とても気持ちいいです。

どのルールのプレイヤーさんでも楽しめると思うので、ぜひ一度ルカを使ってみてください。


何か気になる事があれば、フォローの有無などはお気になさらず、気軽にご質問ください。

それではまた次回でお会いしましょう。


2021/4/24‐John
更新日時:2021/04/24 03:04
(作成日時:2021/04/24 00:42)
コメント( 8 )
8件のコメントを全て表示する
fourd2
fourd2
4月30日 15時50分

いつもルカ対面でボコボコにされてます☠
フレショはミクサと同じだとすると全段ヒットすれば小兵士を倒せるため威力削減を受けてますね…(感覚的にはエイガオンが近いかもしれません)

a
a
5月1日 3時51分

参考にします!

John
John
5月1日 16時58分

>vanjast11様
使えないスキルもないですし、その通りだと思います

>魅詩音様、a様
少しでも役に立てば幸いです

>fourd2様
その可能性もあると思いますが、見た感じは大差なかったように思えます

コメントするにはログインが必要です
シェア