210

周年で復帰した銅筆その2

by
圧力ナベ
圧力ナベ
お久しぶりでございます。周年きっかけに復帰の銅筆こと圧力ナベです。
以前(前回、3月頭)の投稿にてFキャストの相談に乗っていただき、大変ありがとうございました。

前回相談させていただいた時の投稿がこちらです

その後一通りコメントで頂いたキャストを試させていただき、それ以外のキャストも触っていけそうな手ごたえのFキャスト探しを続けておりました。
勝率には繋がらないものとする

そしてようやく、「これは合ってるかもしれない」と思えるキャストが見つかりましたのでご報告…というほどでもありませんが、
これから扱うにあたってのアドバイスが貰えれば、という欲もあり投稿することにしました。



結局どのキャストが合ったのか、結論から言いますと…

クラマでした。 …なんで?(自問)

思い当たる節が無いとは言わないですし、なんならある程度言語化できそうだったので記載していきますと…
太刀ドロー:弾サイズ拡大がガバドロー描きがちな私にありがたい。
2連射なのも大兵士処理手順をそこまで気にしなくて良くなるのもF慣れしてない私にはありがたい。
長槍ドロー:コレ妲己のゴーヨクで見た挙動だ!という感覚で結構キャストに当ててた印象。
そうでなくても単純に貫通攻撃が兵士処理に便利すぎるなぁと感じた次第。武器持ちドローの中で一番気に入ってるかもしれない。
手斧ドロー:物量は正義、わかりやすいね!大兵士も含めて雑にドローを引けるし、対面へのプレッシャーという意味ではこれが一番活躍していた気がします。
個人的にもうちょっと研鑽の余地がありそう。まだ私の引き方だと雑に引いているがゆえの、多段ヒットする弾の域を出れていない。
移動スキル:シンプルに立ち回りのしやすさに繋がる。まだ扱いに慣れていないのもあるとはいえ、2人以上で詰めてきそうだなーって時に
退くための手段があるのって素晴らしいなと感じた。

ざっくりと感じた「このキャスト私に合ってるかも」ポイントはこの辺りでした。
不動浄火は引けてないので試せてないです…もうちょっと使ってみるのでその時にでも使用感を話せたらな、と思います。

それでは、今回は使用感の話になってしまいましたがここまで読み進めていただきお付き合頂いた方、ありがとうございました。
今後も細々とwlw続けつつ、知恵を借りたくなった時にはまた投稿をするかもしれませんので、その際にはよろしくお願いいたします。
作成日時:2024/04/06 00:21
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア