331

はじめてのスカーレット SS型

by
solitude
solitude
このページはSS型について書いていきたいと思います。
スカーレットを使うにあたっての注意点はDS型のページにまとめてあります。
DS型についてはこちら


まずアシストは
・大風払いの扇(必須)
・紅き暗殺者のマント(慣れないうちは真っ先に外す枠)
が真っ先に入り、残り1~2枠に

・庭園に眠りし姫の指輪
・輝かしき婚儀の首飾り
・予言されし災禍の糸車(DSが下がるので注意)
・厳冬に沈むバイオリン
が入るか。
慣れてないならHPが上がるアシストをつけておこう。
ちなみにSS弾速は元々JWアシェ並みに速いので強化する必要性は薄かったり。
射程が短いせいで弾速の恩恵が感じにくいのである。

ソウルはDS型と同じで
・鬼夜叉(HPMP中↑)
・初代隊長ビクトリアス(HP大↑スピード中↑)
・犬飼健(MP特大↑)
のどれかを装備しておけばOKです。
なければSSかHPが上がるソウルでも付けておきましょう。

スキル構成はステルスとウルフまでは確定。
シザーズかセンテンスの二択ですがSS型だとどうしてもDS型より一撃の威力が落ちてしまうためシザーズをオススメします。
ウルフ抜いてセンテンスシザーズは地雷一直線なのでやめましょう。
回避硬直刺されて死にます。



SSをメインに立ち回る以上立ち回りが猿に若干近い感じになります。
DSを当てて寝かせ、起き上がった所をアシストで強化したSSで仕留める‥‥という感じです。
シザーズの使いどころはDSでは届かない位置にいる敵を仕留めたいときに使います。
DS型は一撃、SS型はじわじわと、が私の中のイメージです。
起き攻めが鍵です。
出の早いSSでしっかりとキルを取りましょう。
 
更新日時:2017/10/25 19:35
(作成日時:2017/10/25 19:35)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア