840

煽りネームさんのぼっちAdvent Calendar 12/12

by
日本語で頼める?(煽りネームさん)
日本語で頼める?(煽りネームさん)
どうも10日ぶりです、煽りネームさんです。

ね、毎日やるとか言っておいてこの体たらくですよ、ウケるな(ウケない)
明日新バージョン稼働ですのでね、あの、立ち回りとか変わってきそうなんですよね。どうするんだこれ

ただまあ前回言った通り今回は「チャットを交えた試合の流れ」について書きたいと思います。チャットの打ち方とかはどうも変わらないっぽいのでこれは次のバージョンでも参考になるかな……なったらいいな……

まず、初心者の人によく聞かれる質問で一番多いのが「チャットってどうやって打つん?」「なんでそんな速さでチャット打てるん?」ってことです。
というわけでチャットの打ち方ですが。

ここ見よう!!!!!!

公式サイト意外といっぱい情報載ってますからね。初心者はちゃんと見ようね。

……てか初めて公式動画見たけどめっちゃ大事なこといっぱい喋ってんなこれよくできてるわこれ(人のこと言えないマン)

それはともかく矢印チャットの打ち方ですが、

①ミニマップの指示したい箇所にペンのボタン(ドローショット打つ時に押すアレ)を押しながらタッチ
②下の画像見たいな円が出てくるので指示したい方向にフリック

ご覧の通り左上が攻撃指示、右上が移動目標、左下が注意喚起、右下が防御指示となっています(ver2.0時点)。
ここでちょっとした注意としては、右上の移動目標は「自分がどこに行くか」を示すチャットですが、それ以外は「他プレイヤーに対しての指示または注意」です。
まあ初心者は指示なんてしてる暇がないのでおとなしく移動と注意だけ覚えておこうね!
私だって指示する余裕ないしな!!!
まあただその役割は知っておきましょう。
まず「攻撃」ですが、これは「ここを攻めて欲しい」という指示を表します。それはわかるか。
どういうときに打たれるかというと、
・いまお前ならここを攻め取れる!って時
・Aに森の視界を確保して欲しい時
時間ギリギリで微妙に負けており敵の城を殴って逆転したい時
(この場合は敵城に「攻撃」が出されます)
時間ギリギリで微妙に負けており多少無理してでもその拠点を攻めて欲しい時
です。
次に「防御」ですが、これは「ここを守って欲しい」という指示を……これも分かるか。
どういうときに打たれるかというと、
・その拠点放置してるけどやばいですよって時
時間ギリギリで微妙に勝っており死なないように帰って欲しい時
(この場合は自城に「防御」が出されます)
時間ギリギリで微妙に勝っており攻められている拠点やミリ残りの拠点を守り切りたい時
です。
特に下線を引いた四つの用法は割とダイレクトに勝敗に関わるので覚えておいて損はないかと。
これらはたまに後で出てくる「時間に注意」の「依頼」チャットと併用されることがあります。

実は他プレイヤーをペンのボタンを押しながらタッチして線を引くと指示線を引けるのですが、だから初心者は指示してる暇ないっつってんだろ!!ってなるので覚えなくても結構です。

次は覚えておくといいチャットを。
まず意志・依頼チャット。

こんな感じですけれども(だいたい意志も同内容)、まず意志と依頼の違いとは、まあ額面通り意志が「自分がしたいこと」で依頼が「他プレイヤーにしてほしいこと」です。
この中でよく使うし必ず覚えておかなければならないのは、「○○に移動」の「意志」チャット。自分がどのレーンに行くかの意思表示は必ずしましょう。競合に気づかずスタートすると詰みです。
あと必ずと言っていいほど使うのは「WSに注意」の「依頼」チャット。これは目の前でWSを吐かれた時に注意のミニマップチャットと一緒に使うことで「どこで誰がWSを使ったか」ということを伝えるために打ちます。相手のWS状況は把握しておくかおかないかでは大分心構えが変わります。アリスとか。ミクサとか。アリスとか。アリスとかアリスとか。アリスとか。

あと使い方を覚えておくといいのが
・「一人は不安」の「依頼」チャット
人数不利を取られて不可能になった時に打つと助けに来てくれるかもしれません。
・「一人で大丈夫」/「ここで粘る」の「意志」チャット
逆に人数不利だったりしてもここは何とか一人で粘っておくから他のとこを援護してほしい時に打つチャットです。多少上手くなると打ちたい場面が増えます。
・「巨人を攻撃」の「意志」/「依頼」チャット
巨人を処理するのが速いキャストだと「意志」、遅い/無理なキャストは「依頼」を打って援護意志/援護要請を伝えましょう。「交替」系のチャットと併用されることも多いです。
・「WS使う」の「意志」/「WS使って」の「依頼」チャット
他の人がサポーターなんかにのってて、その有用なWSの効果の恩恵を特に受けたくなった時に「依頼」を打ちます。それに応えて「意志」を打ちましょう。もしくは、自分がその有用なサポーター枠だったりする場合は打つ前に一度「意志」を打ってあげるといいかもしれません。
・「時間に注意」の「依頼」チャット
これ自体の意味は「残り時間やばいで」という意味です。使われ方は前述の通り。
・「森に注意」の「依頼」チャット
相手アタッカーが一度帰城・デスなどをして、自分が相手アタッカーを見失ったけど注意喚起をしたい時に打ちます。

こんな感じですかね。他はあんま使わんから知らないんですが、まあ臨機応変に使ってください。

次はカスタム。

デフォルトだとこんな感じですね(画像はサンドリヨンのカスタム)。
カスタムはWonder.NETで編集ができるので自分のすきなチャットを入れてあそぼう!
……なのですが、必ず入れとかなければいけないのが何個かあります。
・「よろしく」「ありがとう」「ごめん」の挨拶系
挨拶は大事。
・「指示が欲しい」
素人考えをするくらいなら指示を仰ごう。あと行き先が競合しそうなときなんかに使えます。

これらは必ず入れておいてください。

----------------------------

それでは実戦で見てみましょう。

今回は「絶対に煽らないWLW08-銀筆187 リトル・アリスCR17」でチャットの打ち方なんかを説明します(自分の動画をダイマする投稿者)。
プレイのまずさとかそもそも初心者向けはFって言ったのにAの動画やんみたいなのは……目を瞑ってください……F乗れないので動画ないんです……

まず0:17〜0:28くらいまで。
ここでは挨拶から自分の進むレーンの宣言を行うまでの流れです。このへんはすんなりやりましょう。
最近は「意志」チャットよりも「移動」のミニマップチャットで示す方が多いですね。

0:31の注意チャットですが、これは「かぐやで対面ほぼ確実にピタやし近寄られたら不利やね、気をつけて」って意味の注意チャットですが正直いらねぇなこれ

0:35の全景で、相手も進むレーンを宣言していることがわかります。

以下しばらくお遊びチャットが続きます。
チャットがないので立ち回りの解説を軽くやると、まあ最初はどのレーンでも兵士を処理するのが基本なのですが、特にAはこの段階で若干敵を狙い気味にして少しでも削っていくとのちのち有利になります。

1:30の感謝チャットは味方のエピーヌがバフを撒いてくれたことに関する感謝です。これは打っても打たなくてもいいですが、打っとくと気持ちがいいですね。

2:27のサンドリヨンの自城への移動チャットは、「帰城」を意味しています。帰城するときは必ずこれを打ってください。どのレーンが今空いているかの判断はめちゃくちゃ重要です。以降でも何度かこのチャットは出てきますので確認しておいてください。

2:35〜2:42の感謝チャットは、味方が拠点を折ったことに対する賞賛です。こういうふうに、いいことがあれば感謝、何かよくないことがあれば謝罪を打つ感じにするのがまあ礼儀みたいなものになっています。こういう何気ないチャットが士気を上げる。

3:05の謝罪チャットは巨人に対してのアクションです。これは別にしなくてもいい。

3:07からの一連の流れは巨人が出た時の一般的な流れなので詳しく解説します。
まずサンドリヨンが巨人の攻撃要請を出しました。レーンにいるかぐやは巨人処理がめちゃくちゃ苦手なキャストなので、私(アリス)かエピーヌが行くべきですね。
まあ今回は私が行きますという意思表示で「左に行く」チャットを打ちました(じつはここはエピの方がよかった場面なのですがそれはともかく)。
そして私は中央が人数不利になったのでそれを補うために交替要請を出しました(ここは交替意志の方がよかったので完全に打ちミス)。
それを理解したかぐやが一度帰城してから中央に行ってくれましたね。エピは交替要請を文字通り受け取って左に来てくれました(これは私のチャットミスのせい)。
3:52の「中央をお願い」からの「ここで粘る」チャットでさっきのチャットミスを訂正し自分が処理するという意志を見せました。
4:41、私が巨人処理を終わったのでかぐやが元のレーンに戻る意志を見せたので交替しました。
このように、巨人が出てもチャットで綿密な意思疎通を図りレーン交換がスムーズに行けば焦らずに済むのでこの流れはぜひ確認しておいて下さい。

4:36の注意チャットは、ピーターが視界を外れ横にちょっかいを出しに行ったのが見えたので打ちました。注意はこういう風に使います。

5:09の注意チャットがもう一つの使い方です。ピーターが森に入ったのがみえたかぐやが警戒のために注意を打ちました。あと何回か出てくるので、この使い方も覚えましょう。
その注意を聞いた私が哨戒(とワンチャン撃破)のために森にびっくりを投げています。

5:15〜も巨人処理の流れですね。
今回はまずサンドが巨人処理をすると宣言しましたが、一般にFは通常状態では巨人処理が比較的苦手なので無理せず代わろうという提案をします。それが「まかせて」チャットです。
ですが5:35でサンドが「一人で大丈夫」宣言をしたので信用して遊撃に戻りました(後半のFはDSの火力がかなり高い上、サンドはスキルが強力でそのおかげで巨人の処理もできるため)。
おそらくかぐやのWS宣言はサンドの巨人処理援護でしょう(Fの巨人処理はドローに頼るがMPを使うため、かぐやのWSでMP増加速度を上げて援護した)。

5:39のサンドの注意チャットからの「WSに注意」チャット、5:43のかぐやの注意チャットからの「WSに注意」チャットはそれぞれ注意チャットの場所の近くにいた相手のリン、相手のピーターがWSを打ったことを伝えています。「WSに注意」の使い方はこうです。

6:22、サンドの「WS使って」のチャットがありましたが、そのあとにサンド自身がWSを使い、謝罪チャットも打っていたのでこれは「WS使います」と間違えたチャットミスですね。
こういう風に、チャットをミスしてもすぐ謝って訂正すれば大丈夫ですので、必要以上に焦らないようにしましょう。

最後に、勝ったら感謝、負けたら謝罪の挨拶も忘れずに!

----------------------------

あと、今回出てこなかった重要なチャットの打ち方として、相手城に「注意」チャットがあります。これは相手のアタッカーが帰城したことを表しているので、敵森に特に注意しましょう。

どうでしょうか。結構盛りだくさんで大変だったかと思いますが、最初から全部できる人なんていませんので、まずは挨拶とレーン宣言から、慣れてきたら注意チャット、なんて風に段階を踏んで練習していけば、そのうちチャットは打ち慣れると思います。

あ、最後に、いいプレーをしてくれたなって味方にはNICEを送ってあげるとみんな幸せやね!

質問、もしくはもっと上手い方々からのつっこみ、「私はこのチャットをこんな風に打つ!」等ございましたらぜひコメントお願いします。

以上、煽りネームさんのぼっちAdvent Calender 3〜12日目でした(は?)。多分次回はロールごとの立ち回りとかやると思います。良い新バーを。

更新履歴
12/12 いろんな人のアドバイスとか質問とかを受けて「時間に注意」の説明、攻撃・防御要請の説明、相手城に「注意」の説明を加筆、「森に注意」の説明文を訂正
更新日時:2017/12/12 15:33
(作成日時:2017/12/12 14:54)
コメント( 1 )
NASU41
NASU41
2017年12月12日 15時1分

"WSに注意","森に注意"は分かりましたが"時間に注意"とは何でしょうか.
時間切れが近いことで何か戦略などが変わるのでしょうか...?

コメントするにはログインが必要です
シェア