527

新たなるフロスティとの対峙

by
ジゲン
ジゲン
久々に入国したら新しいフロスティが出てたので戦ってきた。ということで久々の雑記。

ーーー以下雑記ーーー

フロスティ(電磁)(英語表記は「METAL FROSTY」)

「電磁を纏いし鋼鉄の雪像」という突っ込みどころ満載な触れ込みのフロスティ。身体こそ本当に鋼鉄なのかかなりテカってるが、使う技はほとんどがスタン攻撃。お前本当にどっちだよ
とはいえ技のベースは通常フロスティと同じであり、見てれば回避出来る技もそこそこある。が、同時に見れないと避けれない技もあるので、序盤では不意討ちされないように気をつけるか祈るかしとくべき。

○性能と耐性
性能そのものはノーマルフロスティと同等、HPは2ゲージ(200?)と多い。
当然行動不能になる状態異常(スタン・スリープ・バインド・凍結)は勿論、引き寄せも当然無効。WSのHP回復効果も低減できない(HP回復効果低下無効)。


○使用技
・ユキダマぽいぽい
射程無限の雪玉メテオ。ダウンしない変わりに軽度のスタンに見舞われるので、被弾しない様に動き回るか、敵キャストのダウン攻撃で寝過ごした方がいい。

・ビュービューぶりざーど
ドーム状の吹雪でダメージを与えるスキル。今回は溜めた後に3連続でドームを形成する。代わりに1撃目と2撃目の範囲は狭く、「段々と範囲が広がる」様に見える。まぁ近づかなければいいんですけどね・・・と言いたいところだが、実は後述の要素が絡んでくるので今まで以上に避けるのに苦労しそうなスキルである。

・ニンジンばんばん
5wayニンジン弾。今回は1度に1発ずつしか撃たない代わりに、射角が広く、更にスタンを付与してくる。
問題はその後であり、「この弾自体が戻ってくる」というものであり、この戻ってくる弾は「被弾したキャストを物凄く吹き飛ばす"よろけ攻撃"」となってるので、敵キャストやフロスティの目の前まで吹き飛ばされてそのまま追撃が入って落ちる事も。被弾しないように立ち回ろう。

・オオユキころころ
でかい雪玉を転がす遠距離攻撃。が、これまでの同名技とは違って「雪玉が止まったまま大きくなり、一定の大きさになると猛スピードで転がってくる」という見てないと回避が難しい攻撃へと変化している。お前はどこで黄金の回転を習った
逆に見ていれば回避は容易。だが当然フロスティは雪玉が転がり始めたタイミングで次の行動に移れるので、フロスティ側が有利なのは変わらない。

・ワンダースキル、カチコチこっちん
いつものHP回復。が、それよりもWS発動後からフロスティへと引き寄せが発生するのが恐ろしい。具体的には「いつものに加えてステージ全体にジーンのWSと同じ引き寄せが発生し始める」といった感じ。
そしてそんな状況で使い始める「カチコチこっちん」。こちらはキャスト全員に3連続でスタン攻撃をしかけるものに変化しており、その分範囲が狭めなので回避は容易(猪狩笛+王女のショール+温もりの人形+ソレイユ装備のミクサで避けられるレベル)なのだが、前述の引き寄せが妨害となり、思うように避けられない場合も。


○攻略
とにかく被弾しない。そして敵キャスト(右側にミクサとサンドリオン、左側に吉備津)との乱戦に気を付けること。
今回はフロスティがあまり動こうとしないので、敵城付近での攻防になりやすい。下手すると敵キャストの支援攻撃も入り混沌となることも。
更に前述のスタン攻撃+戻りニンジン弾の吹き飛ばしからのコンボが以外とえげつないので、とにかく被弾を避ける動きが大切となるだろう。


※今回あまり情報が手に入らなかったので、コメントによる情報提供お待ちしております
更新日時:2018/02/28 02:09
(作成日時:2018/02/28 02:09)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア