332

テンプレに特殊な理由など必要ない

by
ザキヤマ
ザキヤマ
※開幕ネタ演説

…を、しようと思ったけど(∴)絡みの部分が難しかったのでこの記事の最後に残骸だけ白抜きで置いておきます。気になるならどんなネタでも冷静に笑って見過ごせる人だけどうぞ


まあ記事の本筋としては「テンプレは強いからテンプレなんだよ」ってことです。
こんなこともう先人が幾度となく各所で発信してますが、古い情報は発掘しないと新人には届かないので粗製乱造でも数を作って届けることが正義です。

というか最新のテンプレビルドすら本腰入れて調べないと出てこないのって普通に大問題では?
もし「自分たちはわかってるからそれでいい」とか言ってるなら、味方にクソビルダーが来てもそりゃそうよとしか。

「○○(キャスト)のビルドは○○さんに~」とか「アシストの○○については○○さんのアカウントを~」とか
新しく入ってきた人達がストレートにそこに辿り着けると思っているのなら、さっさとその都合のいい夢から覚めてください。
あなた方がワンダーランドウォーズをプレイしてきた期間で培ってきたその知識と人脈は、新参のにわかが一朝一夕で辿り着けるほど安いものですか?
まあ今はWonder.netにおすすめカードって機能がありますけど、これも時々大暴れしてくれちゃってます。誰だよジーンで留玉臣とかやってる奴。せめて神酒じゃねーのかよ

そんなわけで、本音を言えば最新の全キャストのテンプレを記事にでもしたいところですが今回はテンプレのテンプレたる所以と、それをどんな時に崩すのか、について私見を記したいと思います。
どうせ自分のランクで全国のテンプレとか知った顔で紹介しようものならランカーからすればブロミュ&晒し上げ案件だろうし

Q.そもテンプレとはなんぞや?
A.そのキャストの現環境で欲しいものを可能な限り詰め込んだもの


例えばファイターだと、現在(2021/09/06)の環境ではスキル型ファイター以外は先ず「カイ+赤本+WR小槌(+特殊無し火尖槍)でレベル2直後のDSで小兵士8体を倒せるか?」がチェックされます。え?そんなの無くても処理できる?うるせぇエビフライぶつけんぞ
そしてそれが出来るキャストとなると、その時点で多くの場合はそれがテンプレになります。
レベル2でこちらだけ兵士を一列処理出来るなら序盤の立ち回りが相当有利になるので、ここまではわかりやすいと思います。
ただし、序盤の有利を多少捨てても後半のスペック(この場合主に機動力になります)が欲しい場合、この条件を満たしていても敢えてレベル3での一列処理でテンプレが完成することもあります。まあ吉備津とか吉備津とか吉備津とか

そして、次にチェックされるのは主に「カイ+赤本+特殊込み火尖槍+WR専用orWR餅喰らいでレベル3直後のDSで小兵士8体を倒せるか?」になります。まあここまでやって倒せないキャストもそんなにいないけど…
多くのキャストがこれをベースにビルドを組むことになると思いますが
  • WR専用がレベル3までに発動しない&WR餅ではDSが足りない
  • カイのDS消費軽減&HPアップよりも他につけたいソウルがある
  • MPさえあればスキルでいくらでも補えるのでDS数値はそんなに必要ない
といった条件のキャストではこれに当てはまらないケースも多いのでご注意。
特に2番目はミラベルマァトのクロス組、ステップ距離が欲しいジーン、覚醒で賄えるDS消費軽減よりも速度やSSが優先されるドルミール等、該当するキャストが結構多いです。

他のロールでも、アタッカーならその環境で横槍として脅威になり得るだけの火力とそれを活かすための機動力やMP補助、サポーターなら対面に楽をさせないための兵士処理能力と経験値回収能力、そこにバフを定期的に回すためのMP補助、といったものが大体のテンプレビルドに盛り込まれています。
※兵士処理をしながら経験値を拾わなければならないのはサポーターだけではありませんが、中央レーンは端レーンと違って足で経験値を拾うには対面に敵キャストが2人控えているところに踏み込まなければならないので、可能な限り経験値回収アシストを搭載するのが望ましいとされています。
アタッカーやサポーターはファイターと比べて明確な基準がないキャストが多いのでそれぞれの要素の配分が変動することも多いですが、テンプレはその中でそれぞれのバランスが特に良いもの、とここでは定義しておきます。
え?使用者が少なすぎてテンプレが完成してない?何をやっても弱すぎる?キミの勝てるビルドがテンプレだ!……ドンマイ


Q.じゃあどんな時にテンプレを崩すのか?
A.テンプレのままだと自分の仕事(※超重要)がやりにくい時


テンプレの解説からの続きになりますが、上記の通りバランスを重視したテンプレビルドは逆に、アタッカーとサポーターで特に顕著ですが「テンプレビルドそのままだと編成や使い手のプレイの癖に合わない」といったことも決して珍しい話ではありません。
テンプレとは結局のところ「そのキャストを理解している人が使った時に安定して勝率を上げられるビルド」なので、キャストとプレイヤーの不適合は置いておくにしても対面や味方の編成との不適合というのは避けられないものでしょう。

また他にも、テンプレを開発する人≒そのキャストのトップランカー、なので
そもそもの大前提として初心者でも安定して及第点を出すことは失念されていることもまた珍しい話ではありません。
「そのキャストで勝つために求められること」「そのキャストで負けないために求められること」が食い違うとまではいかずとも、一致しない場合もあると思います。
この傾向は俗に上級者向けと言われるキャストで特に強い印象を自分は受けています。
後ろ向きなことを言えば1,2番出撃時と3,4番出撃時のテンプレは別に存在するべきなのでは?

そういった時は敢えてテンプレを1,2か所崩して、その試合で自分が勝ちやすいようにリビルドする方が結果を出しやすいということも往々にしてあると思います。
例えば
  • 後出し差し込みが得意な相手に相打ちを取られても耐えらえるように最大HPを補強したい
  • ツ○ヨミに勝てるように序盤からインファイトしたい
  • 長射程キャストで前に出るのが苦手だから荒縄や包丁を入れたい
  • 火力を多少犠牲にしてもすぐ行って戻ってくる機動力が欲しい
  • 相方が速度バフをくれるから速度に余裕が出来た分のアシスト枠を火力に回したい
  • 無限に居座るタフなレーナーを手早く処理するために普段以上の火力が欲しい
  • 相方が巨人処理が苦手だから巨人に火力を出せるようにしたい
  • 差し合いに有利になるように射程を補強したい
  • レーンに居残りやすいようにHP回復効果のあるカードを入れたい
といった理由でアシストやスキルを差し替えた経験は多いと思います。

ただし、この時に「対面サポぶっ殺せばレーン上がるし相手アタッカーいやな思いするよな!」とか「2人で兵士処理すればレーン上げの速度も2倍だ!」とか
他にも色々パターンはあると思いますが、上記のような自分の本分を忘れた思考に走った時は一度リーフショップを開いて缶コーヒーでも飲みましょう。それが正着のキャストも全く居ないわけではないけど
アカンパターンとして他にも「それそのキャストでやる意味ある?」案件とかもありますが、周りの負担にならず自分の仕事もできてるなら野暮ってもんだと思います。

今回の記事はこれで締めくくりますが、所詮は数か月全国対戦をまともにやってない奴の戯言なので、(一応)真面目に書いたつもりですがもしアカン内容だったらそのうち巫山戯た内容にプッツンしたアクティブな上位勢がもっと為になる記事を書いてくれると思います。

↓ここから白抜きネタ演説
そうだ、分かっておるだろう。これがテンプレだ。テンプレに特殊な理由など必要ない
森に罠を張る?茨でレーンを封鎖する?空から星を降らせ、あらゆる相手を焼き潰す?
なんだそれは?なんなのだ?なぜそんなに小賢しい?
弱いから、つまらぬから、物珍しげなビルドをひねり出して、頭が良いとでも思わせたいのか?
せせこましい、狡すからい。理屈臭く独自性独自性、射程やスキル火力がどうだのと、呆れて物も言えぬわ。それで貴様ら、卵を立てたような気にでもなっておるのか。
キャストの相性?馬鹿臭い。スキルを使う際の危険要素?阿呆か貴様ら。
実力の桁が違えば相性などに意味はなく、使用に危険を伴うスキルなぞは単なる使えぬ欠陥品だ。少し考えれば稚児であろうと分かることを、己の矮小さを正当化するためにみっともなく誤魔化しておる。
やりよう次第で、弱者であっても強者を斃せるとでも言うように。そのほうが、さも高尚な戦であるかのように演出して悦に入る。
嘆かわしい。くだらない。なんと女々しい。男の王道とは程遠い。
絶望が足りぬ。怒りが足りぬ。強さにかける想いが純粋に雑魚よ。貴様らのごとき、小理屈をこねる輩が横溢するようになって以来、圧倒的というものがとんと見当たらなくなってしまった
~中略~
ゆえに特殊なビルドなど何も要らん。必要ないのだ白けるわ!
これをつまらんと思うなら、それはそやつがつまらんのだ。能無しどもが、ヴィランを素手で撲殺する程度の膂力もない分際で、際物めいた一芸さえあれば国をも崩せると迷妄に耽りおる
救い難い無知蒙昧。恥を知らぬ滓の群れども。要らぬ要らぬ、実に目障り!汚らわしいのだ我に触れるな

白抜き終わり
ちなみに白抜き内の元ネタについて自分は受動喫煙エアプです()
更新日時:2021/09/07 23:56
(作成日時:2021/09/06 17:12)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア